B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

カテゴリ:知る

  • 霽れと褻 2020年の春は卒業式や入学式といった式典が自粛となり、花束の需要が激減したことで「花を買おう」という動きがありました。また、屋外で大人数の花見も自粛ムードとなり、季節の花を飾り、自宅で花見を楽しんだ...

  • 古町糀製造所 2020年に入り、健康のありがたさが身に染みる日々。健やかに過ごすため、食生活を見直す大きな機会にもなりました。そんな中で、あらためて日本食の良さに気付いた人もいるでしょう。近年、世界から「健康長寿食...

  • MOMOFUKU NOODLE 多くの人が、一度は即席麺を口にしたことがあるかと思います。朝の連続ドラマの後押しもあってか、今年2019年の3月には、発売から60年経つ日清食品の「チキンラーメン」が、2018年度の売上高が過去最高に...

  • 堀口珈琲 横浜ロースタリー 夜も少しずつ長くなり、ようやく秋らしい気候になってきました。肌寒さを感じる朝晩や、出先での休憩時間に、温かいコーヒーが恋しく感じることも増えてきたのではないでしょうか。喫茶店で過ごす寛ぎの時間の供とし...

  • 松栄堂 薫習館 日本の香の歴史は飛鳥時代、仏教の伝来と共に始まったと言われています。その後、貴族生活の中で使われた「薫物」や、香木の香りを繊細に鑑賞する「聞香」などが生まれ、香りの文化が形成されてきました。京都で創業...

  • TOURISTORE 「眼鏡の聖地」と聞くと、国内生産シェア率90%以上を誇る福井県鯖江市が瞬時に思い浮かぶ人も多いでしょう。鯖江・越前を含む「丹南」と呼ばれるエリアは、昔からものづくりが盛んな地域。眼鏡のほかにも、漆器や...

  • おいしい学校 少子化が叫ばれるようになって久しい日本。就学人口も減少していることから学校の統廃合なども進み、文部科学省の調べによると2002年から2015年の14年間で、廃校になった学校数は6800校以上に上るとか...

  • 飛騨の森でクマは踊る 国土面積の約70%が森林である日本。しかし、さまざまな問題から、放置されている森林資源が多いことが、近年問題となっています。森林の面積が全国トップレベルを誇る岐阜県。その飛騨市に、体験を通じて森の価値...

  • British Hills 世界共通言語と位置づけられ、グローバル化の進む日本においても不可欠な英語。福島県にある「British Hills(ブリティッシュヒルズ)」は、中世の英国の街を忠実に再現した施設です。ここでは滞在を通...

  • 水戯庵 東京オリンピックの開催を2年後の2020年に控え、今、日本には世界中から熱い視線が注がれています。2018年3月にオープンした劇場型レストラン&ラウンジ「水戯庵」。日本文化の魅力を凝縮した非日常空間で...

  • GREEN FINGERS 少し都心に出ると、どこに行っても目にするのは、乱立してひしめき合う建物と人、人、人の群れ・・・。建物の群生と人の群れをくぐり抜けながら職場と家を往復する日々に、疲れてしまっている方も多いのではないでし...

  • 尾道デニムプロジェクト 広島県尾道市を舞台に、デニムの魅力を感じさせてくれるプロジェクトが盛り上がりを見せています。尾道のある備後地方は、世界有数のデニム産地。備後地方で受け継がれる優れた技術と、尾道の風土や人の魅力を世界に...

  • インターメディアテク 知りたいことはインターネットを開けば何でも知れてしまう時代にあって、わざわざ時間を割いて博物館へ行く、という方は少ないのではないでしょうか。そんな方にこそ、気軽に訪れてみてほしい博物館があります。

  • 五十崎社中 今は作り手も少なくなった伝統の手漉き和紙  90年代以降、急速なITの発展に伴い、業務

  • めでたいな.com 晴れの日には鏡開きをして、枡酒を飲み語り合うのが日本の文化  新年行事や結婚式、祝賀会といったおめ

  • 伊勢志摩エバーグレイズ アメリカンアウトドアリゾート施設「伊勢志摩エバーグレイズ」  大人のための贅沢な

  • 日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」 山一證券破綻の真相究明に挑んだ社員たちの戦いがドラマに  1997年11月、日本

  • 緑寿庵清水 1847年、京都で創業。日本唯一の金平糖専門店「緑寿庵清水」 素朴で優しい甘みはどこか懐かしく、星粒のよ

  • 猫侍 かつて鬼とも恐れられた寡黙で強面の浪人剣士・斑目久太郎と、愛くるしく自由気ままな白猫・玉之丞

  • HIGASHIYA GINZA ハレの日を彩る「HIGASHIYA」毎年恒例の「お菓子のおせち」  新年の挨拶訪問

  • Wine Apartment スタイリッシュなエントランスは、ワインバーと勘違いする人も多数  時代の変

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事