B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

甘美な日本の伝統技術 革新的な飴細工の世界
浅草 飴細工 アメシン

◆芸術品のような飴細工
 浅草の伝統飴細工専門店

 
glay-s1top.jpg
飴が冷え固まる前にみるみる造形を仕上げていく
glay-s1top.jpg
浅草の1号店から拡大移転した花川戸店
“新しい生活様式”によって、少しずつ日常が戻ってきています。とはいえ、今夏は花火大会や祭りの中止が相次ぎ、ちょっと寂しい印象。祭りや縁日の屋台が並ぶ様子は非日常感があり、いくつになってもわくわくするものです。中でも、手際よくハサミを動かしながら作品を仕上げていく飴細工の実演に、つい足を止めて見入ってしまった記憶がある人もいるのでは?
 
飴細工は日本の伝統文化の一つであり、江戸時代には町中で職人が売り歩くなど、庶民の娯楽として親しまれていたと言います。現代まで、その技術は脈々と受け継がれてきたものの、近年では後継者不足などの問題もあり、目にする機会が少なくなってきました。そんな中、伝統の技術を守り、さらなる発展を目指して立ち上がったのが、「浅草 飴細工 アメシン」です。
 
2013年には、東京屈指の観光地として世界中から人が集まる下町・浅草に店舗をオープン、2015年には東京スカイツリータウン・ソラマチにも店舗をオープンしました。職人技で魔法のようにどんどん形を変えながら命を吹き込まれたアメシンの飴細工は、どれも芸術品さながら。見る人の心を奪う、アメシンの飴細工に注目です。
 
 

◆日本随一の技術を持つ飴細工師集団
 色鮮やかな躍動感溢れる作品を造形

 
glay-s1top.jpg
まるで生きているような飴細工
90℃ほどに熱して柔らかくした飴を棒の先につけ、素手と握りバサミで切ったり伸ばしたりしながら造形する飴細工。飴は温めると柔らかくなる半面、冷めると固まってしまうため、鍋から飴を取り出したら数分で造形を仕上げなければいけません。手早くあっという間に美しい飴細工を仕上げるのは、熟練の技術とセンスのなせる業なのです。
 
アメシンには、代表を務める手塚新理氏を筆頭に日本随一の技術を持つ職人がそろい、日々、革新的な作品を生み出しています。代表的な作品としてメディアで紹介されることも多い金魚の飴細工は、どれも色彩は瑞々しく、ヒレやウロコなど細部までリアルにつくりこまれ、今にも動き出しそうな躍動感! 食べるのが惜しい、まさに芸術品の域と言えます。
glay-s1top.jpg
今にも泳ぎ出しそうな金魚の飴細工
glay-s1top.jpg
ディテールまでリアルなカエルの飴も販売されている
glay-s1top.jpg
オーダーメイドのライオンの飴細工
glay-s1top.jpg
花川戸店で展示されている錦鯉の飴細工
glay-s1top.jpg
タコの質感まで、飴で見事に表現
 
金魚以外にも、浅草の花川戸店では錦鯉やカエルなど、さまざまな生物をかたどった飴細工が展示されており、見れば見るほど、その精巧さに飴でできていることに驚いてしまうはず。二号店のソラマチ店は工房一体型の店舗となっており、飴細工師による飴細工の製作実演を間近で見ることができるので、ぜひ、アメシンの職人の妙技をその目で確かめてみてはいかがでしょう。
 
 

◆手づくりの飴の種類も充実
 体験教室で飴細工に挑戦も

 
glay-s1top.jpg
生き物以外にも、季節ごとにさまざまな飴細工が
アメシンでは、飴細工以外にもさまざまな手づくりの飴を購入できます。季節ごとのモチーフを気軽に手に取れる飴細工で表現した「ちょこざい飴」や、うちわをモチーフにしたキャンディに伝統的な和柄をほどこした「うちわ飴」は、どれも華やかで、ちょっとしたギフトやお土産にもぴったりです。また、べっこう飴をシロップにした「みつ飴」は、飲み物に入れたり、トーストやパンケーキにかけたりと使い勝手もよく、自宅に常備しておきたくなる逸品。小さな飴の中にお酒や黒蜜を閉じ込めた「ボンボン飴」も、しゃりっとした食感の飴とシロップのコントラストがくせになり、つい手が伸びてしまいます。現在は期間限定でオンラインショップもオープンしているので、なかなか店に足を運べないという人は見逃せません。
 
glay-s1top.jpg
モチーフのうちわに美しい絵を施したうちわ飴
浅草の店舗では展示や販売以外に、予約制で飴細工の体験教室も実施。1時間半から2時間ほどで、実際にハサミと手を使い、温かい飴でうさぎの飴細工をつくることができます。職人から丁寧に指導を受けることができ、本番の前には練習もあるので、造形に自信がない人もぜひチャレンジしてみてください。参加が2回目以降という人はうさぎ以外に犬や猫の飴細工にも挑戦できるので、何度体験しても楽しめることでしょう。
 
見て、味わって、体験することで、日本の伝統文化である飴細工の世界が、一気に身近なものになるはず。日本随一の技術を誇るアメシンの飴細工に触れて、楽しみの幅を広げてみてはいかがでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
体験教室では、うさぎの飴細工をつくることができる
glay-s1top.jpg
うさぎの飴細工。2回目以降は犬や猫の細工にも挑戦
 
 
 
浅草 飴細工 アメシン
花川戸店 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-9-1 堀ビル1F
TEL  080-9373-0644 (体験予約専用)
営業 10:30~18:00
定休日 木曜(臨時休業あり)※詳細はWebサイトを確認

東京スカイツリータウン・ソラマチ店
〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ4F イーストヤード11番地
営業 10:00~21:00
定休日 休館日に準ずる
http://www.ame-shin.com/
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事