B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

明治創業の老舗料理道具店 リニューアルし新装オープン
釜浅商店

◆明治の創業以来愛されて112年
 理(ことわり)のある料理道具店

 
glay-s1top.jpg
建替新築した釜浅商店の庖丁売場
東京都台東区、下町として親しまれる浅草と上野の中間にある合羽橋。飲食業のプロから個人向けまで、さまざまな調理器具や食器などがそろう問屋街として、近年は観光スポットにもなっているエリアです。この合羽橋で、2020年8月7日、全面リニューアルにより新装オープンしたのが、料理道具専門店「釡浅商店」です。
 
「良い道具には良い理(ことわり)がある」を理念に掲げ、選りすぐりの料理道具がそろうことでプロの料理人からも絶大な信頼を得る釡浅商店の創業は、なんと明治41年。2011年には一般の顧客にも開けた店としてモダンにリブランディングし、2018年にはパリにも店舗を構えた、老舗の料理道具専門店です。創業から112年を迎えた今年、合羽橋本店の2棟の自社ビルのうち1棟は建替新築して新たな「庖丁売場」に、もう1棟は新しい「料理道具売場」として内装をより魅力的にリノベーションしました。
 
とっておきの“良理道具”との出合いを演出する、合羽橋の新たなランドマークとして生まれ変わった釡浅商店。オープンしたばかりの各売り場をフィーチャーするとともに、職人技が活きた料理道具をご紹介します。
 
glay-s1top.jpg
2018年にオープンしたパリ店
glay-s1top.jpg
釜浅商店では60種もの庖丁がそろう
glay-s1top.jpg
良質な料理道具を選りすぐって販売
 
 

◆什器の細部までこだわり
 商品に親しみやすい空間に

 
glay-s1top.jpg
スタイリッシュなデザインかつ商品が見やすい売り場
2011年のブランドリニューアルでは、いわゆる“問屋”や業者向けのイメージから、一般顧客に向けても間口を広くし、店舗デザインも機能的かつスタイリッシュに一新した釜浅商店。今回のリニューアルオープンでは、より商品がわかりやすい売り場となり、誰にでも親しみやすい店舗となりました。
 
建替新築した庖丁売場は、ブランドカラーの黒を効かせたシックな外観が印象的。1階は一般顧客向け、2階はプロ向けとゾーニングされた店内は、吹き抜けを活かした明るく開放感たっぷりの空間となっています。また、枕木を使った什器での平面によるディスプレイや、以前の店舗の什器を活かした対面型ディスプレイはいずれも商品が引き立ち、じっくりと見ることが可能。このほか、対面接客時のテーブルの天板には黒いまな板が使われているなど、細部までこだわりが感じられるインテリアは必見です。
 
glay-s1top.jpg
料理道具売場の特徴的な陳列棚は釜をイメージしたもの
一方の料理道具売場も、1階はフライパンや鍋など一般家庭でも使える料理道具をそろえ、2階ではかまどなどプロ仕様の大型設備を展開。以前の店舗イメージも大切に、釜をイメージした立体的な什器を配し、より充実した売り場へと生まれ変わりました。
 
料理道具は、例えば庖丁一つとってもさまざまな種類があり、それぞれの素材や形には料理をおいしくするための理由があります。そうした“良理道具”との出合いや、丁寧に料理をする豊かな生活の提案の場として、庖丁売場の4階には、 キッチンを備えたイベントスペースも新設。今後はポップアップレストランや料理道具に関するワークショップ、セミナーなども開催されるとのことで、パワーアップした釜浅商店から目が離せません。
 
 

◆道具が変われば料理も変わる
 豊かな暮らしがここから始まる

 
glay-s1top.jpg
どの道具も職人仕事が細部まで光る
外出自粛により、自宅で料理をする機会が増えた、または料理に挑戦したという人も多いでしょう。道具が変われば、料理のひと時も、仕上がりにも変化が生まれるもの。釜浅商店なら、庖丁だけでも60種1000点以上がそろうので、一人ひとりのライフスタイルにぴったりな逸品が見つかるはずです。
 
例えば、安全に配慮した形状をとりながら、プロ仕様の鋼材を使い、一本ずつ仕上げた「釜浅のこども庖丁」は、大人になってもペティナイフとして使える優れもの。親子で料理を楽しむ、思い出づくりにも一役買ってくれます。主食として毎日食べるごはんを「せっかくならもっとおいしくしたい」と思う人には、家庭の台所でも手軽に使える「釜浅のごはん釜」がおすすめ。南部鉄器による本格派であり、通常のIHやコンロでも使いやすい形状のごはん釜なら、かまどで炊いたようなふっくらとしたごはんが自宅で楽しめます。このほか、人気ブランドとのコラボによるエプロンやミトンといった商品も多数展開しており、オンラインでの購入も可能です。
 
リニューアルし、今まで以上にどんな人にとっても歩み寄りやすくなった老舗料理道具店の釜浅商店。料理初心者もプロも、訪れるだけでワクワクするような空間で、実際に自身の目と手で使い心地を確かめながら、“良理道具”との出合いを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
小型七輪は自宅はもちろんアウトドアでも大活躍
glay-s1top.jpg
家庭の台所でも手軽に釜でおいしいごはんが炊ける!
 
 
 
釜浅商店
〒111-0036 東京都台東区松が谷 2-24-1
料理道具売場
TEL  03-3841-9355
庖丁売場
TEL  03-3841-9357
営業 10:00~17:30
定休日 年中無休(年末・年始を除く)
ブランドサイト 
http://www.kama-asa.co.jp
公式オンラインショップ
https://kama-asa.com
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事