B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

瞑想で忙しい日々に余白を 心身を整え思考をクリアに
Medicha

◆瞑想でセルフコンディショニング
 癒しの隠れ家スタジオ「Medicha」

 
glay-s1top.jpg
2019年6月に開業したメディテーションスタジオ「Medicha」。
2020年度にはヘルスケア部門でグッドデザイン賞を受賞
忙しい日々を送る、働き盛りのビジネスパーソン。コロナ禍においては在宅勤務が増えたり、従来とは仕事の内容が変わったりと、知らず知らずのうちにストレスを溜めている人も少なくないはず。休日も思うように出かけられない中でオンオフの切り替えがうまくいかずに、なんとなく調子が狂ってはいませんか? そんなときは、じっくりとリラクゼーションの時間をとることも大事です。せっかくなら、心身の疲れをとるとともに、思考をクリアにすることで仕事のパフォーマンス向上にも期待ができる、話題のセルフコンディショニングの手法を取り入れてみては。
 
今回注目するのは、トップアスリートや経営者も実践し、欧米では専用スタジオも増えているという「メディテーション」です。メディテーションとは、瞑想のこと。日本で瞑想というと座禅など修行のようなイメージが強く、気軽に日常に取り入れるにはハードルが高いように思うかもしれません。そうした従来のイメージを覆す新感覚のメディテーションスタジオが、2019年、ハイエンドなショップが並ぶ南青山にオープンしました。
 
三菱地所の新事業提案制度から生まれた没入体験型のメディテーションスタジオ「Medicha(メディーチャ)」では、「自分に余白をつくる贅沢な時間」をコンセプトに、瞑想の前後を含めたプログラムを提供しています。非日常を感じられるMedichaのメディテーション体験で、ぜひマインドフルネスを実践してみましょう。
 
 

◆没入体験型メディテーションスタジオ
 五感を刺激し感情と思考をリフレッシュ

 
glay-s1top.jpg
余白を感じる空間デザインで、没入感を高めるエントランス
Medichaでは、セルフマネジメント研究の第一人者であるジェレミー・ハンター氏がメディテーションプログラムを監修するほか、空間やサウンド、ライティングなども気鋭のクリエイターがプロデュース。メディテーションとアートのインスタレーション、さらにゆったりと煎茶を楽しむ和の文化を融合させた独自の4ステップのプログラムにより、五感を解放するゆとりの時間を過ごすことができます。
 
文字情報などを極力省いたシンプルなエントランスは、隠れ家感たっぷり。地下階のスタジオへ続く階段を進むにつれ、少しずつ気分も非日常へと切り替わっていきます。スマートフォンなどの電子機器を預けたら、まずは深いメディテーションへの導入となるステップ1「Tune In」とステップ2「Open UP」から。眩い光に包まれた真っ白な空間と、暗闇に星のような光が瞬く空間を、自由なタイミングで行き来します。視覚的には壁や床の境界も曖昧にも感じられる異次元のような各空間で、五感の活性化とリラックスを体験することで、少しずつマインドフルな状態へと整っていくはず。
 
ステップ3「Shift」は竹で編まれたドーム状の空間の中、アロマで呼吸を整えたら、いよいよメインのメディテーションへ。目的などにあわせて6種から選べる30分のオーディオガイダンスを聞きながら行う形式なので、メディテーション初心者も安心です。フレーズに耳を傾ける中で少しずつ雑念が取り払われ、感情や思考が整理されていくよう。終わる頃には、心身の疲れから解放され、すっきりとした気分が味わえるでしょう。
 
glay-s1top.jpg
プログラムはメディテーションの前後を含めた4ステップ
glay-s1top.jpg
眩い光に包まれる「Tune In」の部屋で、五感を活性化
 
glay-s1top.jpg
リラックスする「Open UP」では、寝てしまう人も多いとか
glay-s1top.jpg
アロマを楽しみ呼吸を整え、30分間のメディテーション
 
 

◆自分と向き合う中で得る気付き
 セルフコンディショニングの大切さ

 
glay-s1top.jpg
季節の花を眺め、お茶を飲みながら気付きを落とし込んでいく
最後はモダンな茶室へと移動し、気付きを落とし込むステップ4「Align」へ。作家による手づくりの茶器の中からお気に入りを選んだら、自分のために丁寧にお茶を淹れましょう。季節の草花を眺め、茶菓子とともにお茶を味わう穏やかな時間。ここで気付きをじっくりと振り返ることができるので、ぜひ、用意されたメモに感じたことや思い浮かんだことなどを書き出し、日常に持ち帰ってみてください。
 
6種のオーディオガイダンスは、自分にとって大切なことに立ち返る「My Core」や、思考や感情の切り替えにぴったりな「FEEL THE SOUND といった初心者にもおすすめのものから、目標達成に向けて内面のコンディションを整える「VISUALIZE」など多彩にラインナップ。疲れているときやアイデアに煮詰まっているとき、大きなプレゼンを控えているときなど、その時々の心の状態に合わせて活用するリピーターも多いと言います。また、オフサイトミーティングの場としてMedicha利用する企業も増えており、ビジネスにおいて、メディテーションが大事な判断や企画の質の向上につながったという声も多いのだとか。
 
glay-s1top.jpg
「茶禅一味」という言葉もあり、お茶は精神統一にも効果的
glay-s1top.jpg
無農薬のほうじ茶など、こだわりの茶葉をセレクト
 
慌ただしい日々の中でストレスにさらされがちな現代人にとって、ウェルビーイングは大きな課題。そのためにも、自分の心身の状態と向き合い、セルフコンディショニングでモチベーションを上げていくのは大切なことです。Medichaのメディテーションをライフスタイルに取り入れ、定期的に「自分に余白をつくる贅沢な時間 を持つことで、心身共に充実した豊かな日常を過ごしましょう。
 
 
 
 
 
Medicha
〒107-0062 東京都港区南青山5-3-18 BLUE CINQ POINT C棟B1
TEL 03-3287-5519
営業 火曜日~金曜日 11:00~19:30、土曜日~日曜日 8:00~21:30
定休日 月曜
https://medicha-jp.com/
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事