B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

トピックスTOPICS

繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポートvol.41 コロナの春、自助努力の大切さが問われた

ビジネス 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポートvol.41 コロナの春、自助努力の大切さが問われた 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート 商業経営コンサルタント/サトーカメラ代表取締役副社長

ビジネス
こんにちは。佐藤勝人です。実は最近youtubeチャンネルを始めました。うちのメディア戦略部長で各社からも引き合いの強い神谷吉則ディレクターが、既存のサトーカメラチャンネルはカメラや写真が好きな人たちに向けてのチャンネルなので、ビジネス系はジャンルが違うから分けたほうがいい、ってことで、『佐藤勝人チャンネル』を強制的に持たされた。そして、やらされている(苦笑)。
 
 

苦手だとか、嫌だとか
そんなものは思い込みだ!

 
glay-s1top.jpg
新しく始めた個人のyoutubeチャンネル、「心の免疫力」の回
好きだからやっているわけじゃない、マジやりたくないよ! 1mmも! それでも始めたのは、自分の範疇外のことだからだ。好きじゃないこと、嫌いだったり苦手だったりすることをあえてやると、自分を冷静に客観視できるからいい。好きなことだけやっていたらいつまでたっても「昨日までの自分」を超えられないんだよ。
 
苦手とか嫌いとかって決めているのは、過去のトラウマか何か知らないけどそういう範疇に縛られた自分であって、それらを行動で一つひとつ断ち切っていくことで未来が解放されるんだよ。それが自由を手に入れるっていうことなんだ。
 
私は昔から耳が悪い。障がい者手帳レベルの難聴だ。そのせいか活舌も悪い、どもりも入る。訛りもお笑いのU字工事級。だから子どもの頃は笑われた。上京して専門学校で学生をしていたときもしゃべると笑われた。だから人前でしゃべりたくなかった。でも商売を始めたらそんなこと言っていられない。だから一所懸命お客さんとしゃべった。
 
そうしたら、「それがいい」って言ってくれる人がいたんだよね。地元でラジオ番組を持ったときもそうだった。CRTアナウンススクールの臼井佳子校長が「それは勝人さんの個性よ。それでいいのよ」って。それでちょっと安心して、気付いたんだよ。「駄目だ、苦手だ、嫌だと思うのは、自分がそう思ってるだけなんだな。笑われているのか、笑わせてるのかも、本人以外は誰もわからない、紙一重なんだなぁ」って。
 
 
職場体験で得た小さな自信を
大きく育てたオート先生
 
何事も最悪なのは自分で自分の可能性に蓋をしてしまうことだ。先月、私が特別講師を務める宇都宮メディア・アーツ専門学校主催の写真コンテストで挨拶のスピーチをしたときも、私は受賞者の高校生たちにこんな話をした。
 
「皆さん受賞して嬉しいでしょう。でもほとんどの作品は、偶然とか“なんとなく”で撮れたと思います。オート先生(youtuber名。サトーカメラ宇都宮本店の写真家佐藤秀明氏)に講評されて初めて、そういう意図や構図を狙って撮ってたんだ、って自分で気付いたことでしょう。そう感じたら、芸術の勉強をしたくなった人も多いと思います。
 そのときに注意したいのは、『芸術系の学校に進んでも就活が厳しそう・・・』みたいに考えるんじゃないぞ。お父さんお母さんもそういう勘違いをしないでください。せっかく初めて得た自信なんだから、自分の才能の芽を潰すな! 消すな! 蓋するな! 社会に出たら5科目じゃないんだ、それこそ100科目以上ある。社会では5科目以外の才能を持っている人のほうが強いんだから、今胸に灯っているその火を、まずは自分で焚きつけろ! そして突き詰めろ!」
 
何を隠そう、オート先生も中学のときの職場体験学習でサトーカメラで働いたのがきっかけで、写真に目覚めたんだよ。それまでは、人と話すのが苦手だし、アガリ症だし、自分に自信も持てなかった。でも職場体験のときに、うちの吉羽誠店長から、「写真うまいね。写真向いてるかもしれないよ」と言われて、それがものすごく自信になったらしい。
 
それで「日本大学芸術学部写真学科に行って写真家になる」と自分で決めて、県内で唯一日芸への推薦枠があった作新学院高に進み、高校写真部では日本代表になり、自分で決めた通り日芸で写真を学び、卒業後はサトーカメラに就職し、そこから力をつけ指導者として頭角を現し、今では県内の高校写真部を指導し、さらに撮影ツアーで全国を駆け回っている。
 
彼は天才じゃない。天才だったら今うちで働いていない。だけど努力家だ。自分で自分の可能性を信じ、伸ばし続けている。そのために一生懸命に勉強している。だから他の人の作品を的確に解説する技量は日本一レベルになった。そして今、オート先生という名前で、全国でもトップクラスの写真系人気youtuberになっている。アガリ症で人見知りなのに、だよ。
 
なぜ人前に出て話すのか。それは苦手だったからだよ。そうやって具体的な行動で「自分はこれが苦手」という自己認識を変えていくんだ。認識なんてそんなもん。ただの思い込みなんだよ。私が「自分がしゃべると人に笑われる」と思っていたのを、「逆に、笑いがあってイイじゃないか」という認識に変えていったのと同じだ。
 
 

何でも環境のせいにするな!
自分の日常は自分で守れ!

 
今騒ぎになっている新型コロナウイルスに対してもそうだと思う。みんな、すぐ環境のせいにするけど、自助努力で免疫力を上げて対処しようとは思わないのかな。環境がどうあっても自分が強ければ大丈夫だと、なんで思えないのかな。
 
4月1日発売の『商業界』5月号でも話したことだけど、サトーカメラでは今回のウイルス騒ぎを受けて独自に方針を出し、アソシエイトに徹底させている。全7項目を紹介しよう。
1. 毎日ヨーグルトと納豆で腸内環境を整える。免疫力アップの基本
2. 温かい飲み物で血行促進! 飴をなめて喉を潤そう
3. 免疫力を上げるとは体温を上げること。体を温める食材やビタミンCなどで十分な栄養を
4. お風呂に浸かってしっかり身体を温めよう
5. 疲れすぎは免疫力ダウン。6時間以上の睡眠で身体をいたわろう
6. イライラした時こそ口角上げて、写真で想い出を振り返って笑顔になろう
7. こんな時だからこそ想い出の写真で心を癒して心の免疫力を高めよう!
 
このうち最後の2つが、うちの本業である写真を笑顔と癒やしに関連付けさせた項目だ。環境のせいにせず、自分の免疫力を上げるためにできることをする。このことの大切さを今こそ実感し、実行するべきだと思う。
 
振り返ってみれば、この連載に限らず、私はずっと自助努力の大切さについて語ってきた気がする。自分を信じてあげられるのは自分だけ。自分の才能を伸ばしてあげられるのも自分だ。そのためには具体的な行動で努力することだ。環境を変えるのだって、自分で決めて行動するから変わるんだからね。
 
私もサトーカメラも、これからもずっと、自分たちの頭で考えて、やるべきことをどんどん実行に移していくから、ヨロシク!
 
 
3月11日~4月30日までの勝人塾
■3月11日(水)
PIO勝人塾IN郡上大和
事務局 郡上商業開発 SOLD OUT
 
■3月13日(金)
第40回おおさか勝人塾IN大阪
事務局 経営コンサルティングアソシエーション
https://www.facebook.com/events/853867471703622/
 
■3月17日(火)
第33回わかやま勝人塾IN南部
事務局 藤原農機
https://www.facebook.com/events/162225675067063/
 
■4月10日(金)
とうほく勝人塾IN八戸
事務局 やまはる
 
■宮内亨と佐藤勝人の売れる経営コンサルタント養成講座
4月15日開講 第1期生募集 全12回100万円(税別)
nsatou@satocame.com
 
第31回「ニコニコチャンネル ニッポン勝人塾」(3/16(月)12:00-13:00)生配信
 
■第16回アメリカ商業流通視察ツアーINニューヨーク4泊6日の旅
2020年6月15日(月)〜6月20日(土) 最終締切4月15日
https://www.facebook.com/events/2608151352751955/
■講演依頼・セミナー依頼のお問合せは
nsatou@satocame.com
 
 
 
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
vol.41 コロナの春、自助努力の大切さが問われた

 著者プロフィール  

佐藤 勝人 Katsuhito Sato

サトーカメラ株式会社・代表取締役副社長/日本販売促進研究所・商業経営コンサルタント/想道美留(上海)有限公司・チーフコンサルタント/作新学院大学・客員教授/宇都宮メディアアーツ専門学校・特別講師

 経 歴  

1964年栃木県宇都宮市生まれ。1988年、兄弟とともに家業のカメラ店をカメラ専門チェーン店に業態転換させ、商圏をあえて栃木県内に絞ることにより、大手に負けない経営の差別化を図った。以来、「想い出をキレイに一生残すために」というコンセプトを追求し続けて県内に18店舗を展開。同時におちこぼれ社員たちを再生させる手腕にも評価が高まり、全国から経営者や幹部リーダーたちが同社を視察に訪れている。2015年からはキャノン中国とコンサルティング契約を結び、現場の人材育成の指導にあたる。主な著書に『売れない時代はチラシで売れ』『エキサイティングに売れ』(以上同文館出版)『日本でいちばん楽しそうな社員たち』(アスコム)『一点集中で中小店は必ず勝てる』(商業界)『断トツに勝つ人の地域一番化戦略』(商業界)など。新刊の『モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方』(同文舘出版)が好評発売中。

 オフィシャルサイト 

http://satokatsuhito.com/

 オフィシャルフェイスブック 

https://www.facebook.com/katsuhito.sato.3?fref=ts

 サトーカメラオフィシャルサイト 

http://satocame.com/

 
 
(2020.03.11)
 

関連記事

最新トピックス記事

カテゴリ

バックナンバー

コラムニスト一覧

最新記事

話題の記事