B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆全国のブルワリー直仕入れ!
 クラフトビールを量り売り!?

 
glay-s1top.jpg
路地にある隠れ家のような一軒
飲食店で着席するやいなや「とりあえず、ビール」というフレーズが出るほど、日本でアルコール飲料の主力となっているビール。特に暑い時期には、1日の終わりに冷えた一杯を楽しみにしているという人も少なくないのでは。近年は主要飲料メーカーのほか、全国各地に小規模なブルワリーも増えたことで、個性豊かなクラフトビールも人気を集めています。
 
そんなビール好きにとって見逃せない店が、2018年3月、東京・下北沢にオープンしました。全国のブルワリーから直仕入れた樽生のクラフトビールが楽しめる、その名も「TAP&GROWLER(タップアンドグロウラー)」。実はここ、よくあるビアパブではなく、なんと量り売りの専門店! さらに、店内ではビールの試飲、いわゆる“角打ち”もできる、ユニークな一軒なのです。
 
アメリカでは主流という、ビールの量り売り。とはいえ、日本ではまだまだ一般的ではありません。どうやって購入すればいいの? 鮮度や味は自宅でも変わらずに楽しめる? ――気になるTAP&GROWLERのラインナップやシステムについてご紹介しましょう。
 
 

◆厳選した各地のクラフトビール
 飲み比べて自分好みの銘柄を

 
glay-s1top.jpg
角打ちできる店内。フードは持ち込みやデリバリー利用も可
下北沢の路地の一角にあるTAP&GROWLER。20名ほど入ると満席になる空間は、ビール好きのための隠れ家といった雰囲気が漂います。オーナーの金井圭司氏は、もともと「ブルワリーをつくりたかった」という人物。実際に、祖師ヶ谷大蔵にあるマイクロブルワリー「RIOT BEER(ライオットビール)」の協力のもとオリジナルのビールづくりを手がけており、TAP&GROWLERには、そうした並々ならぬビール愛が詰め込まれています。
 
glay-s1top.jpg
この日の1種、RIOT BEER「LAZY GUN」
カウンター内では19タップが稼働しており、18種類が国内、1種類が海外という構成です。シーズナルを中心に、金井オーナーが全国各地のブルワリーから厳選したクラフトビールをラインナップ。メニューは月の中でも目まぐるしく変動するので、毎週のように通っても新しい味に出合えるはず。例えば、金井オーナーの好みを活かしてつくられた、ドライな味わいがたまらないRIOT BEERの「LAZY GUN(レイジーガン)」や、人気ゆえに希少となっているUCHU BREWING(うちゅうブルーイング)のジューシーで華やかな「UCHU GOLD(うちゅうゴールド)」など、その時々でツウ好みの個性豊かな銘柄がそろうので、飲み比べない手はありません。
 
また、TAP&GROWLERではサーバーからビールを注ぐ際、炭酸ガスだけでなく窒素を注入しており、きめ細かく滑らかな泡になるのも特徴の一つです。心地よい口当たりと豊かなアロマや旨みに、試飲のつもりがつい長居してしまうこと請け合い。このほか、店内では国内外からセレクトした缶ビール80銘柄も販売しており、普段なかなか見られない珍しい缶がみっちりと並ぶ冷蔵庫は圧巻です。商品代プラス300円で缶ビールも店内で楽しめるので、こちらもぜひ、お試しを。
 
glay-s1top.jpg
泡一滴まで、おいしいビールを追求
glay-s1top.jpg
頻繁に更新される黒板のメニューに注目
glay-s1top.jpg
海外の珍しい缶ビールもズラリ!
 
 

◆エコなリユースボトルを購入して
 フレッシュなビールを自宅でも

 
glay-s1top.jpg
好みのビールをグロウラ―で持ち帰り
前述のとおり、TAP&GROWLERのクラフトビールのメニューは随時更新されています。そうなると、お気に入りの銘柄と出合ったなら、購入して自宅でもじっくり楽しみたいですよね。そのためには、まずは「グロウラー」という専用のボトルを購入。肩幅が広い独特のデザインは、ビールを注ぐことに適した形状なのだとか。サイズは32オンスと64オンスの2サイズから選ぶことができ、一度購入すれば、次回以降のビール購入時にも利用可能です。
 
ビールの充填機は、アメリカの量り売りでも使用されているロシア製のものを使用。日本でも使用しているマイクロブルワリーなどはあるものの、量り売りスタイルの店で使用しているのはTAP&GROWLERだけなのだとか。瓶の中の空気と、二酸化炭素・窒素を入れ替えながららせん状にビールが注がれるため、瓶詰時の酸化を防ぎ、持ち帰ってもフレッシュなビールを堪能できます。
 
glay-s1top.jpg
量り売り用の充填機。酸化を防ぎ、鮮度を保ちながら瓶詰
glay-s1top.jpg
洗浄したグロウラ―を持ち込んで、再利用するシステム
 
全国各地のクラフトビールをベストな状態で味わえるよう、設備にもこだわりぬいたTAP&GROWLER。運がよければ、ランドルを用いてホップやレモンのアロマを加えたビールが登場する日もあるかもしれません。今後はオリジナルの缶ビールの販売も視野に入れているとのこと。ビール好きを常にワクワクさせてくれる夢のようなスポット、TAP&GROWLERで、クラフトビールを心ゆくまで楽しみましょう!
 
glay-s1top.jpg
 
 
 
TAP&GROWLER
https://www.craftbeers.tokyo/
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-33-6 飯嶋ビル1F
TEL 03-6416-8767
営業 18:00~24:00(土日祝15:00~)
定休日 不定休
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事