B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

忙しい日常に休息時間を提案
令和生まれの日本茶ブランド
美濃加茂茶舗

◆オンオフの境目が曖昧になりがちな人々へ
 お茶による“小休止”を提案

 
glay-s1top.jpg
働き詰めの現代人へ、お茶による”小休止”のあり方を発信
長引くコロナ禍で、リモートワークが定着してきた昨今。皆さんは在宅勤務中、飲み物を飲んだりお菓子をつまんだり、“プチ休憩”時間を設けていますか? 中にはずっと自宅にいることで、かえって長時間働き続けてしまい、気付けばずっとオンモード・・・という人もいるかもしれません。
 
そんなふうに一息入れることをつい忘れがちなビジネスパーソンへ、自らお茶を淹れて飲むことでいい“一区切り”の時間を設けてもらおうと、立ち上がったのが日本茶ブランド・美濃加茂茶舗です。働き詰めの日々の中で、お茶を淹れて飲むという一連の行為から安らぎを得ていたという株式会社茶淹(ちゃえん)の伊藤尚哉社長が、自らの経験をもとに2019年にスタートしました。
 
1日5分でも10分でもいいから、休息のひとときを見つけてほしい。そんな思いを「日常に、小休止を」のコンセプトに込め、多彩な茶葉や茶器などの開発・販売を通じ、新たな“小休止”のあり方を発信し続ける美濃加茂茶舗。そのアイデアの数々に、着目してみました。
 
 

◆爽やかな風味が引き立つ東白川村産の茶葉がベース
 ビジネスパーソンに嬉しい定期便も

 
glay-s1top.jpg
岐阜県東白川村の山あいで栽培される茶葉を使用
茶葉を入れてお湯を注ぎ、蒸らした後、茶葉を取り出す。お茶を淹れるのは少し時間がかかるからこそ、その束の間が“小休止”となり得ます。美濃加茂茶舗では、忙しく過ごす合間にもお茶を手軽に淹れられるよう、ティーバッグタイプや粉末タイプと、さまざまな形態の茶葉をオンラインストアで提供。美濃白川茶発祥の地といわれる、岐阜県東白川村の茶畑で栽培されたお茶をメインに販売しています。朝夕の寒暖差が激しい標高600mの山あいで育ったお茶は、キレのある渋味とスッキリ澄んだ香りが特徴なのだそう。この東白川村産の一番茶のみを絶妙にブレンドして仕上げた味わいが、リフレッシュタイムを充実させてくれるに違いありません。
 
glay-s1top.jpg
凛とした香りが引き立つ煎茶の茶葉
glay-s1top.jpg
手軽に淹れられるティーバッグタイプ
glay-s1top.jpg
粉末タイプでおうちで本格ラテづくり
 
また、美濃加茂茶舗では「お仕事中に手軽に楽しみたい人に。」と銘打ち、ティーバッグの定期便を販売中。煎茶とほうじ茶、東白川村産の茶葉のセカンドフラッシュを使った和紅茶の3種が月替わりで届きます。さらに、到着後に書類入れなどとして使える収納箱「WORKERS'BOX(ワーカーズボックス)」で商品が届く、ビジネスパーソンに嬉しいオプションも用意。自分用にはもちろん、ギフト用としても活躍してくれそうです。
 
glay-s1top.jpg
月替わりで3種のお茶が楽しめる定期便
glay-s1top.jpg
付録の「美濃加茂茶舗便り」にはお茶や茶器にまつわる豆知識が
 
 

◆お茶を淹れる行為をぐっと身近に
 デスクで淹れたてを味わえる湯呑を開発

 
glay-s1top.jpg
蓋はティーバッグ置きとしても使える
手間をかけ過ぎずにお茶を楽しめるよう、美濃加茂茶舗は茶器にも工夫を凝らしています。その一つが、デスクで簡単にお茶を淹れられるよう設計されたティーバッグ向け湯呑「CHAPTER(チャプター)」です。「いい仕事は、いい『一区切り』から」をテーマに誕生したCHAPTERは、その抜群の機能性から、2020年に実施したクラウドファンディングで目標金額の1700%以上を達成しました。
 
特筆すべきは、蓋の存在。蓋があることで茶葉を蒸らすことができるため、急須を使わなくても風味豊かなお茶をティーバッグで一人分だけ、手軽に淹れることができます。そしてこの蓋はなんと、そのまま取り出したティーバッグ置きにも! さらに湯呑の内部にはお湯の適量が一目でわかるエッジが刻まれているとあって、計量の必要もなし。「たまにはペットボトル以外のお茶が飲みたいけど、ティーバッグの処分もお湯の計量も面倒・・・」という人でも、気軽に淹れたてのお茶を楽しめそうです。
 
glay-s1top.jpg
デスクに溶け込む、落ち着いた色味の3色をラインナップ
また、内部が素地でありながら、100年使えるともいわれる耐久性もCHAPTERの持ち味。1300℃以上の高温で24時間、酸素を入れずに焼き切る還元焼成で素焼きでも汚れにくく、吸水しにくい湯呑を実現しました。カラーバリエーションは、デスクに馴染みやすい「クリアグレー」「マットブラック」「クレイベージュ」の3色。ワークスペースに合わせて、好きなカラーをチョイスしてみては。
 
こだわりの茶葉と、手軽にかつ“お茶を淹れる”という行為自体は簡略化させない茶器で、“小休止”を提案し続ける美濃加茂茶舗。その少しの時間が思考に余白を与え、オンオフの切り替えを促してくれるはず。美濃加茂茶舗のお茶とCHAPTERで、充実したワークタイムを過ごしてみませんか。
 
 
 
美濃加茂茶舗
https://mchaho.com
オンラインストア
https://minocamo-chaho.shop
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事