B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

古き良き時代の香りが残る
かやぶきの郷で湯を楽しむ

 

◆歴史ある天然自噴温泉を
   様々なシチュエーションで

 
140514ls81ex08.jpg
四季折々の自然を借景に、様々な表情を見せる「滝見乃湯」は、日帰り入浴プランも人気
 この旅籠滞在の醍醐味は、やはり薬師温泉。寛政5年に旅の行者・温泉坊宥明が発見したという、歴史ある天然自噴温泉です。温川を眼下に望む貸切風呂の他、3つの浴場があり、様々なシチュエーションを楽しむことができます。
 
 たとえば「滝見乃湯」は、その名の通り温川の滝を目の前にした絶景露天風呂。木々に囲まれ、自然と一体となったようなダイナミックなロケーションは圧巻です。夜はライトアップにより一転、幻想的な雰囲気に。また、秋は紅葉、冬には雪景色と、多彩な表情を見せてくれるとあって、何度でも足を運びたくなること間違いありません。また、薬師温泉をかけ流しで楽しめる「薬師の湯」は、寝湯やゲルマニウム温浴も備えた浴場。豊かな自然を間近に感じられる開放的な空間と相まって、心身共にリラックスできることでしょう。この他「郷の湯」では、天然の薬草を利用した薬湯を利用できます。薬湯は、古来より傷や病などを癒すために親しまれてきたもの。ゆったりと浸かれば、日常でのストレスや旅の疲れも、きっと忘れさせてくれるはずです。
 
140514ls81ex09.jpg
天然の薬草による薬湯が心身を優しく癒してくれる「郷の湯」
140514ls81ex10.jpg
宿泊中、薬師温泉をかけ流しで24時間楽しめる「藥師の湯」
 趣向を凝らした湯が揃うので、気分に合わせて選べる他、滞在中に湯めぐりを楽しむのもおすすめ。「滝見乃湯」と「郷の湯」については日帰り入浴も可能なので、忙しい人もぜひ足を運んでみてください。
 
 

◆古き日本の街並みと
   ホスピタリティの融合

 
140514ls81ex11.jpg
かやぶき家屋・濱田邸。食事処として、囲炉裏料理などを楽しめる
 薬師温泉で疲れを癒したら、滋味豊かな食事がお待ちかね。食事をとるのも、もちろんかやぶき民家です。「小林家」と「濱田邸」の2棟がダイニングとなっており、囲炉裏を囲みながら、旬の味覚を堪能することができます。かやぶきの郷の料理は「ぬくもりのあるもてなし」をコンセプトに、地元農家の朝摘み野菜、上州地鶏といった土地の食材をたっぷりと使用。手間隙かけた手づくりの味わいは、じんわりと心身に染み入るよう。また、そば打ち体験もできる「蕎麦匠房 まくらぎ」では、予約なしで自慢の手打ちそばを賞味できるので、日帰り入浴や休憩時の軽食に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 
140514ls81ex12.jpg
夕食は旬の食材を使った囲炉裏会席
140514ls81ex13.jpg
囲炉裏を囲み、郷の料理で団欒のひと時を
140514ls81ex14.jpg
湯上りには「藥師BAR」で旅情に酔いしれて
 
 この他、甘味処や本格カクテルが味わえる「薬師BAR」など、様々な施設が軒を連ね、集落を形成しています。豊かな自然と人々の営みが調和し、夏祭りや秋の収穫祭など、季節ごとに様々な表情を見せる「かやぶきの郷薬師温泉 旅籠」。昔懐かしい風景と、心尽くしのおもてなしには、日本の伝統が確かに息づいています。何事にもスピードが求められるこの時代、古き良き日本の景色に溶け込み、時と湯と戯れる、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか。
 
140514ls81ex15.jpg   140514ls81ex16.jpg
長さ約42m、厚さ約1mという見事なかやぶき屋根の本陣。とっておきの時感旅行を、ぜひ
 
幻想的な世界が広がるかやぶきの郷へ
 
 
 
 
かやぶきの郷薬師温泉 旅籠
〒377-0933 群馬県吾妻郡東吾妻町本宿3330-20
TEL 0279-69-2422
 
 (この情報は2014年5月14日現在のものです)
 
 
 
 

 

ライフスタイルランキング

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事