B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

タグ別TAG

タグ:ビジネス

  • アフターコロナの時代における飲食業界の形とは?~中食ビジネスの拡大と多様性~(後編) 高齢者向け配食サービス「シニアイーツ」を手がけ、外食・中食ビジネスのコンサルティングなども行う、upside down productions(アップサイダウンプロダクションズ)有限会社の代表取締役である宮本剛史氏に、コロナ禍後における飲食業界の変化や、今後の中食ビジネスのあり方などについて語ってもらうインタビューの後編。

  • アフターコロナの時代における飲食業界の形とは?~中食ビジネスの拡大と多様性~(前編) 新型コロナウイルス感染症対策による外出自粛により、多くの飲食店が営業時間の変更や休業を強いられた。それでも営業を続けられるのはまだ幸いであり、中には閉店・廃業を余儀なくされたケースも少なくない。そんな中、飲食業界で注目を浴びたのが、ウーバーイーツに代表されるデリバリーサービスや、テイクアウトサービスなどの“中食”、つまり外食のメニューを購入して持ち帰る、もしくは配達して届けてもらうことで、家庭内で食べる食事の形態である。

  • 防災・危機管理のビジネス最前線 vol.3 被害を受けてしまった時の復旧と対策 新型コロナウイルスによる感染症の拡大という、未曽有の事態から始まった2020年も早いもので半年が過ぎようとしている。6月19日には延期されていたプロ野球も開幕し、待ちに待っていた野球ファンも多いことだろう。同時に、休業を余儀なくされていた企業や店舗も再開のめどが立ち、胸を撫で下ろした方も少なくないのではないだろうか。

  • 防災・危機管理のビジネス最前線 vol.2 緊急時に対する実践的な備えと次への教訓 5月25日。新型コロナウイルスによる感染症対策として発令されていた緊急事態宣言の全面解除が正式に表明された。これを受けて、6月19日からは県境を越える移動やプロスポーツの試合開催を容認し、その後も段階的に外出自粛やイベントの開催制限などを緩和していく方針だという。

  • 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポートvol.43 変化は新ビジネスの好機。波に乗れ! こんにちは。佐藤勝人です。コロナの影響で景気が本格的にヤバくなってきたね。でも、私は一昨年からずっと、「2020年に不況が来るぞ。売上高が3割減ってもやっていける経営体質にしとけ。オンライン化を進めろ」と言ってきた。悪いけど、今いろんな経営者が騒いでいるのはコロナなんかのせいじゃなく、不況に対応できるビジネスモデルを準備していなかったからじゃないかな。現に、私の話を聞いて対策を講じていた指導先はどこも助かっているからね。

  • 防災・危機管理のビジネス最前線 vol.1 適切な初動対応の重要性 東京オリンピックの開催を間近に控え、希望に満ちた幕開けとなった令和の時代。しかし、初年度から波乱が続いている。昨年2019年は大型台風の被害が相次ぎ、今年2020年に入ってからは新型コロナウイルスによる世界規模のパンデミックに襲われている。

  • 良いも悪いも活用次第? AIで“変える”日本の仕事  vol.4 仕事はAIとともに進化する(最終回) 今年1月から徐々に感染が拡大し、猛威を振るっている新型肺炎。3月1日に開催が予定されていた東京マラソンも一般の部が中止になるなど、ウイルスの蔓延が心配される大規模なイベントの中止や予定変更が各地で相次いでいる。その中で、厚生労働省は不要不急の外出を控えるとともに、事業主に対して時間差出勤やテレワークへの取り組みを呼びかけた。

  • 良いも悪いも活用次第? AIで“変える”日本の仕事  vol.3 テクノロジーが支える人間の仕事 正月の風物詩となっている箱根駅伝。東京オリンピックイヤーでもある今年2020年は、青山学院大学が2年ぶりに総合優勝を果たした。その際、青山学院の選手たちが履いていたことでも話題となったのが、ナイキ社製の最新型シューズである。このシューズを履いたランナーは男女ともにマラソンの世界記録を更新し、2019年の陸上界を席巻した。

  • 良いも悪いも活用次第? AIで“変える”日本の仕事  vol.2 AIの進化で変わるこれからの働き方 2019年12月、国土交通省はドローンの機体情報の登録を義務化するとの方針を明らかにした。さらに、空港などにドローンを検知するシステムを導入し、機体登録制度の構築と併せ、2020年度予算案に経費を計上するという。

  • 睡眠ビジネス最前線 ~スリープテック、健康経営、潜在市場~ 睡眠ビジネスが活況である。厚生労働省の資料「平成29年国民健康・栄養調査報告」によれば、20~59歳のいわゆる現役世代のうち睡眠で充分に休養を取れていない人が27.5%もいる(4世代の平均)。国際的に見ても日本はOECD加盟国のなかで最も睡眠時間が少ない国であり、睡眠不足による経済的損失は1380億ドル、GDP比で2.92%にもなる。これは先進国のなかで最も高い数値だそうだ。

最新記事

話題の記事