B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

スペシャルインタビューSPECIAL INTERVIEW

 
話数を経るごとに、数多くの困難や危機に直面しながらも社長として、人間として成長していく光。自身は、女優として直面する困難をどう捉えているのか聞いたところ、芯の強さを持つ内山さんらしい答えが返ってきた。
 
 

いつでも困難を乗り越えられる自分でいたい

 
試練や困難って誰もが直面するものですし、私にもあったと思いますけど、まだ芸歴20年くらいでは、これが試練だったとは言えないですね。というより、過去の試練や困難には興味がないんです。それよりも、いつでも辛さや大変さを乗り越えられる自分でいたい。そのために意識しているのは、“切り替え”ですね。試練って1日の中でも年単位でもあるので、常に切り替えないとやっていけないですし、もし負の感情を引きずってしまったら、次に良いことが起こる可能性まで潰しかねない。だから私は大変なことがあっても、絶対に後には引きずらないようにしています。
 
あとは、日頃から好きなことや自分が気持ち良いと思うことをして、自分に正直でいるようにしています。やっぱり無理をしないことが一番ですから。私の場合は料理をしたり、友だちと楽しい話をしたり、体を動かしたりすることが大好きで、喜びを感じます。中でも10年前に出合ったヨガはここ数年本格的に取り組んでいて、全米ヨガアライアンス協会のプログラムを200時間受けて、インストラクターの資格を取りました。
 
ヨガインストラクターとしては今年から活動していて、この間も美容系のイベントで女性たちを対象にヨガを教えました。もともと女性の体そのものに興味があったので、ヨガを通して女性たちに体づくりへの思いを伝えられて良かったです。ストレスって知らないうちに貯めているもので、それを少しでも解消して帰ってもらいたいと思って活動しているので、終わった後に女性たちの笑顔を見たり、「ほっとして寝てしまいました」という声を聞いたりすると、すごく嬉しいですね。これからも演技とヨガ、その両方に取り組んでいくつもりです。
 
 
<インタビュー・文 青柳裕子/写真 Nori/スタイリスト 加藤暢子/ヘアメイク サカノマリエ(アルール)>
 
 
glay-s1top.jpg
内山理名(うちやま りな)
1981年生まれ 神奈川県出身
 
1998年にデビューを果たす。ドラマ作品では、TBS系『嫌われ松子の一生』やEX系『生徒諸君!』などで主演。舞台では蜷川幸男氏演出の作品への出演歴がある他、他作品でも度々ヒロインを演じる。映画では今年公開された映画『ゆらり』と、2018年公開の映画『single mom 優しい家族。』で主演を務めた。また、今年11月24日からはNHKドラマ10『マチ工場のオンナ』で主役の有元光役を演じる。プライベートでは、ヨガの資格である「全米アライアンスRYT200」を取得。今年からヨガインストラクターとしても活動し、様々なイベントでヨガを教えている。
 
 
NHKドラマ10『マチ工場のオンナ』
http://www.nhk.or.jp/nagoya/machikoba
 
RINA UCHIYAMA OFFICIAL SITE
hhttp://www.uchiyamarina.net
 
インスタグラム
https://www.instagram.com/rinauchiyama_official
 
 
 
(取材:2017年11月)

バックナンバー

最新記事

話題の記事