B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

港町・横浜の文化を感じる 優雅なリゾートステイを満喫
InterContinental Yokohama Pier 8

◆開業から1周年を迎えた
 埠頭のリゾートホテル

 
glay-s1top.jpg
埠頭という希少な立地のInterContinental Yokohama Pier 8
コロナ禍の影響で、ゴールデンウィークや夏季休暇なども外出を控えた2020年前半。新しい生活様式を取り入れながらさまざまな制限が緩和され、10月1日からは東京もGo Toトラベルキャンペーンの対象となるなど、少しずつではあるものの、世の中に賑わいが戻りつつあります。「まだ遠出は不安」という人も、近場でワンランク上の宿泊施設でゆったりと週末を過ごすなど、ホテルや旅館の新たな楽しみ方も増えてきました。
 
そこで注目したのは、10月31日に開業から1周年を迎えたばかりの都市型リゾートホテル「InterContinental Yokohama Pier 8(インターコンチネンタル ヨコハマ ピアエイト)」。歴史ある港町・神奈川県横浜市で2つめとなるインターコンチネンタルブランドであり、日本初の商業施設とホテルが一体となった「横浜ハンマーヘッド」と「新港ふ頭客船ターミナル」に隣接するホテルとしてオープンしました。
 
今回は、上質なホスピタリティや魅力的な施設はもちろん、1周年を皮切りに新たにスタートするイベントもご紹介。横浜の港文化を感じながら過ごす、都心のリゾートステイを提案します。
 
 

◆海を感じるインテリアやアメニティ
 非日常感に満ちた館内クルーズ

 
glay-s1top.jpg
非日常へと誘う、象徴的ならせん階段
glay-s1top.jpg
海や横浜らしい風景など、客室からの眺望も楽しみ
InterContinental Yokohama Pier 8は、埠頭という希少な立地条件を活かした滞在型リゾートホテルです。1階エントランスと2階のフロントをつなぐらせん階段が、非日常への入り口。3階から5階が客室フロアとなっており、汽笛の音や潮の香り、風を感じながら窓辺で過ごせるのが低階層ならではの魅力と言えます。
 
客室内は、船旅用のトランクをイメージしたミニバーをはじめとした海を感じられるインテリアや、海のミネラルを主成分としたアメニティがそろっています。眺望は、目前に海が広がるベイビュー、中庭の緑を楽しめるガーデンサイド、みなとみらいの風景を望むシティビューなど、いずれも季節や時間帯で表情を変え、穏やかな時間の流れを感じさせてくれることでしょう。
 
客室で静かにプライベートな時間を過ごすのはもちろん、館内の施設を利用するのも滞在の楽しみの一つです。開放的な屋上空間「Rooftop 1859(ルーフトップ1859)」は、行き交う船やベイブリッジを見渡す寛ぎのスペース。この宿泊者限定スペースでは、本を読んだりスケッチをしたりと、思い思いの時間を過ごすことができます。4階にはスパやジムもあるので、心身をトリートメントして疲れをリセットするもよし、汗を流してリフレッシュするもよし。
 
また、横浜らしい西洋文化と東洋文化、さらに海のエッセンスをきかせた「Pier 8キュイジーヌ」が五感を満たすレストラン&バー「Larboard(ラーボード)」や、相模湾の海の幸をはじめ旬の食材に江戸前の仕事を施した逸品が味わえる鮨処「かたばみ」など、魅力的なレストランが並ぶので、心華やぐディナータイムを楽しめます。館内だけで、満ち足りたひと時を過ごすことができるInterContinental Yokohama Pier 8。日常の慌ただしさを忘れ、上質な滞在を満喫しましょう。
 
glay-s1top.jpg
開放的な屋上空間で過ごす寛ぎの時間
glay-s1top.jpg
レストラン&バー「Larboard」
glay-s1top.jpg
ディナータイムは昼間と異なる雰囲気
 
 

◆とっておきのアクティビティ
 クルーズや音楽イベントを開催

 
glay-s1top.jpg
専用クルーズ船「ル・グラン・ブルー」でのクルージング
InterContinental Yokohama Pier 8では、海に面した立地を堪能できるアクティビティも見逃せません。ホテル専用クルーズ船「ル・グラン・ブルー」による、大観覧車や赤レンガ倉庫といった横浜のランドマークを眺めながらみなとみらいの運河を周遊するクルーズ体験は、InterContinental Yokohama Pier 8ならでは。
 
このほか、1周年イベントを皮切りとして、今後は季節ごとに音楽イベントを開催していくとのこと。「Rooftop Concert(ルーフトップコンサート)」をコンセプトに、季節を彩る美しい音楽が、滞在をますます豊かな時間にしてくれるはずです。
 
レジャーや旅の在り方も様変わりした中、週末を利用して、都市部のホテルでゆったりとプライベートな時間を楽しみ、羽をのばしてみてはどうでしょう。西洋と東洋の文化が交差する港町・横浜の魅力を凝縮し、一流ホテルブランドのホスピタリティを感じるInterContinental Yokohama Pier 8で過ごす優雅なひと時。旅慣れた大人の新たな楽しみとして、ぜひスケジュールに加えてみてください。
 
glay-s1top.jpg
潮風感じるルーフトップで音楽イベントなど開催
glay-s1top.jpg
InterContinental Yokohama Pier 8でリゾート体験!
 
 
 
InterContinental Yokohama Pier 8
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-14-1
TEL 045-307-1111
https://www.icyokohama-pier8.com/
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事