B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

トピックスTOPICS

繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート  vol.60 12冊目の著書が出た今月、著者歴19年目にして思ったこと。

ビジネス 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート vol.60 12冊目の著書が出た今月、著者歴19年目にして思ったこと。 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート 商業経営コンサルタント/サトーカメラ代表取締役副社長

ビジネス
皆さんこんにちは。佐藤勝人です。いやー、やっと新刊が書店に並びました。昨年10月初日に最初のブレスト会議をやって、打合せを重ねて初稿が書き上がったのが今年4月。それから加筆して手直しして加筆して、9月中旬の印刷所入稿ギリギリまで赤字を入れて、今月頭にやっと見本が届きました。『地域密着店がリアル×ネットで“全国繁盛店”になる方法』――佐藤勝人渾身の新作です。皆様お買い上げのほど、よろしくお願いいたします!
 
 

記念の一冊になったと感じたこと2つ
巻末の光景と、息子の机にあったもの

 
glay-s1top.jpg
とちぎテレビに出演していた頃のディレクターと再会!
「番組に関わった人はみんな出世してますよ」って。嬉しいな~
それにしても、12冊目か・・・。昔から物事は12で一巡するという考え方があって、一年が12ヶ月だったり干支が十二支だったりするけれども、確かに今回の本は記念の一冊になった気がする。
 
一番は巻末の「その他の著作」の宣伝ページをサトーカメラで埋められたことだ。これは私の長年のささやかな夢だった。同文舘出版さんの本はこのページは5枠。ここに部下の豊島定生専務と竹原賢治常務の本、それに私の直近3冊を並べて計5冊。サトーカメラ関係者の著書でページジャックをさせていただいて、「サトカメシリーズ」ラインナップが初お目見えした。嬉しいね。
 
記念だなぁ、一巡だなぁ、と思った二番目は、最後の校正を進めていたときの不思議な巡り合わせだ。9月初旬の朝、本部に行くと、息子の勇士の机の上に私の処女作『日本一のチラシはこうつくれ』があった。思わず手に取って、「これいい本なんだよ。この戦略はネットビジネスでも使えるだろう?」と勇士に話しかけながら表紙をめくったら、「宮内亨様へ 2003年1月 佐藤勝人」と私のサインがあった。
 
なんと、全部で4万部出たうちの、宮内亨先生に献本したまさにその一冊が、宮内先生の息子さんでコンサルタントの宮内海先生を経て勇士のところに来ていたんだよ! あれはちょっと胸にこみ上げてくるものがあった。と同時に、初めて本を書いたときのことを思い出した。
 
 

宮内亨先生との出会い
そして初挑戦が始まった

 
宮内先生は昨年から一緒にコンサルタント養成講座もやらせていただいている私の大師匠で、私をコンサルタントの道に進ませてくれた人で、処女作を書くきっかけをくれた人だ。
 
今をさかのぼること23年前。1998年は折込チラシが広告の王様で、船井総合研究所取締役本部長の宮内亨といえば当時からチラシ戦略の第一人者だった。当時サトーカメラの会計士の先生が宮内先生に師事していて、サトカメのチラシを宮内先生に見せたところ、「私の理論を体現している! 信じられない会社だ」という話になった。それで会ったら「キミは船井総合研究所に来なさい、コンサルタントになりなさい」と熱烈にスカウトを受けた。私自身はコンサルタントの道なんて1度も考えたことがなかったので、その場は断った。
 
それから1年たった頃。「都内の上野にいるから来ないか?」と宮内先生から電話があった。行ってみると、宮内さんは文芸社の理事長と一緒だった。理事長は船井幸雄や稲盛和夫の著作の編集に携わってきた人物で、こっちは34歳の若造だ。簡単に紹介されて、二人の話の続きが終わって、宮内さんが何かで席を外したときに、私は理事長に「本を書きたいんですけど」と聞いてみた。船井総研入りを断ったときに宮内さんから、「本を書きなさい」と言われていたからだ。
 
理事長は「勝人さんの話は聞いてるよ。私の見立てでは経営の稲盛と戦略の船井を足して割ったような人だから売れると思います」と言われ、契約書を出してきた。ご存じの人もいると思うが、文芸社は自費出版でも有名な出版社だ。だから私の契約も自費出版だった。後で宮内さんに契約のことを話したら、「出版業界に面通しさせるつもりで呼んだのに、その場で出版契約したの!?」と呆れられたけど、私は別になんとも思ってない。だって一般人が書いた本なんて売れるはずがないもの。それを知っているから理事長は自費出版から始めるよう勧めてくれただけで、宮内さんも、「自分で納得したならば、頑張れ」と言ってくれた。
 
そして執筆を始めたのが1998年12月。目次はものの30分で書き上がった。我ながらあれはすごかった。――けど、そこからが大変だった。書けない。全然書けない(笑)。実を言うと私はそれまで本を1冊も読んだことがない、大の本嫌いで、大の読書嫌いだった、子どもの頃から読書感想文も1回しか書いたことのない男、作文は大の苦手、その大の苦手を克服したくて無謀な行動に出たわけだが・・・。
 
それでも書けない。カレンダーの月だけがめくれていき、ズルズル来て2001年に入った。執筆開始から丸2年強経過だ。この頃はもう半分病んでいたと自分でも思う。何が書けていて何がまだ書けていないかとか、あのこととこのことはどう繋がるかとか、訳がわからなくなっていた。完全にギブアップ寸前だった。
 
 

同い年の著者を見つけて発奮
「負けてたまるか!」と思って書き上げた

 
いっぽうコンサルタントの仕事は始まっていて、2001年のあるとき、支援先の社長が、某コンサルタントの本を「読みやすいですよ」と勧めてきた。その年のビジネス書売り上げナンバーワンだった本だ。それで読んでみたらスッスッと読めて、初めて1冊読み切れた。というのは、それまでのビジネス書はレポートみたいな固い文章だったのに比べ、その人の本は話し言葉に近かったんだよね。
 
ただ、著者の考えは私には受け入れ難かった。「わかるけど、こういうマーケティング論を広めてほしくないなぁ」と感じながら読み終えて、著者略歴を見たら、私と同い年だった。その瞬間に、「こんな小料理屋商法のコンサルタントに負けてたまるか! 絶対に書き上げてやる!」という気持ちがふつふつと湧いてきた。それで再び火が点き、翌2002年、実質3ヶ月で原稿を書き上げた。
 
タイトルに関しては、当初は『地域一番店の繁盛法則』みたいなタイトルだった。入稿段階で誰かの推薦があったほうがいいと思ったので宮内さんにお願いしたら、宮内さんから『日本一のチラシはこうつくれ』というタイトルの本として推薦文が返ってきた。それで私は「これに変えろということだな」とピンと来て、土壇場でタイトルを変更することになった。
 
その本が晴れて書店に並び、「書店員が選ぶ今年の何々」みたいな感じで草の根の本好きの人たちに高く評価され、それがきっかけで部数が伸びた。増刷分からは商業出版に変わり最終的に計4万部売れたのはお話しした通りだ。
 
 

棚割りは「ネットビジネス」!?
「こんな本見たことない!」を再度狙いたい

 
2005年に同文舘出版さんから自身初の商業出版の契約で2作目を出させていただき、声がかかれば他社からも商業出版させていただいて、今回で12冊目。最初は本なんて一生に一冊のものと思っていたけど、出てしばらく経つと私自身が成長しているからまた書きたくなる。その連続でここまで来た。
 
その中でも今回は、担当編集者さんの言葉を借りると「2021年現在の佐藤勝人の集大成」とも呼べる一冊になった。B-plusさんで10月13日から読者プレゼントが始まったし、来月10日発売の日本商工会議所発行『月刊 石垣』には本の内容をもとにした誌上セミナーも載っているから、そちらもよろしくお願いします。
 
ちなみに今回の本。私の著書としては初めて「ネットビジネス」部門に並んでいます。10月13日現在、Amazonの売れ筋ランキング2位。同カテゴリーの他の本に比べるとタイトルも紹介文も浮いてるくらい異色だけど(笑)、カタカナ語が飛び交うこのカテゴリーで、私の超実践的な手法がどう評価されるかな。1作目が「チラシの本だけどチラシのことは書いていない実践的な戦略本」「リアルをここまで赤裸々に描いたビジネス書は初めてだ!」と評価されたみたいに、今回の本も高評価されると嬉しいな。
 
※佐藤さんの新刊を5名様にプレゼントします! 
応募ページはこちら https://business-plus.net/business/2110/211013_tp0052.html
 
 
 
■10月20日「滋賀」勝人塾IN大津
事務局 中山スポーツ

■10月29日勝人塾WEBセミナー
事務局 サトーカメラ
https://www.shop-satocame.com/view/item/000000012046?category_page_id=ct674
 
■11月1日和歌山勝人塾
事務局 藤原農機

■11月5日宮崎勝人塾
事務局 西都商工会議所
https://onl.tw/Wq5Bw15
 
■11月12・13日富山勝人塾
事務局 富山県中小企業団体中央会

■11月16日新潟勝人塾
事務局 おぐま式POP塾
https://onl.tw/X9JJay7

■11月18日19日岡崎勝人塾
事務局 岡崎商工会議所
https://www.facebook.com/okazakikatsuhitojyuku
 
■11月24日滋賀勝人塾
事務局 中山スポーツ

■11月25日PIO勝人塾
事務局 郡上商業開発

■佐藤勝人公式YouTubeチャンネル登録
https://www.youtube.com/channel/UC4IpsvZJ6UlNcTRHPgjellw
 
■佐藤勝人公式LINE@会員募集中
セミナーやイベント等の最新情報が届きます
https://lin.ee/qZEREN1
 
■佐藤勝人講演・セミナー依頼のお問合せは
katsuhito@satocame.com
 
 
 
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
vol.60 12冊目の著書が出た今月、著者歴19年目にして思ったこと。

 著者プロフィール  

佐藤 勝人 Katsuhito Sato

サトーカメラ株式会社・代表取締役副社長/日本販売促進研究所・商業経営コンサルタント/想道美留(上海)有限公司・チーフコンサルタント/作新学院大学・客員教授/宇都宮メディアアーツ専門学校・特別講師

 経 歴  

1964年栃木県宇都宮市生まれ。1988年、兄弟とともに家業のカメラ店をカメラ専門チェーン店に業態転換させ、商圏をあえて栃木県内に絞ることにより、大手に負けない経営の差別化を図った。以来、「想い出をキレイに一生残すために」というコンセプトを追求し続けて県内に18店舗を展開。同時におちこぼれ社員たちを再生させる手腕にも評価が高まり、全国から経営者や幹部リーダーたちが同社を視察に訪れている。2015年からはキャノン中国とコンサルティング契約を結び、現場の人材育成の指導にあたる。主な著書に『売れない時代はチラシで売れ』『エキサイティングに売れ』(以上同文館出版)『日本でいちばん楽しそうな社員たち』(アスコム)『一点集中で中小店は必ず勝てる』(商業界)『断トツに勝つ人の地域一番化戦略』(商業界)など。新刊の『モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方』(同文舘出版)が好評発売中。

 オフィシャルサイト 

http://satokatsuhito.com/

 オフィシャルフェイスブック 

https://www.facebook.com/katsuhito.sato.3?fref=ts

 サトーカメラオフィシャルサイト 

http://satocame.com/

 
 
(2021.10.20)
 

関連記事

最新トピックス記事

カテゴリ

バックナンバー

コラムニスト一覧

最新記事

話題の記事