B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客の目線を大切にする
中古車買取・販売会社

 

“人”としての評価が信用となる

 
glay-s1top.jpg
水野 ほかにもお客さんと接するうえで大切になさっていることはありますか?
 
金子 やはりなんと言っても、人とのかかわりやつながりが一番大切ですね。お客様が心から必要としていないものを無理に提供してしまえば、次はもう弊社では買わないと思われてしまうでしょう。目先の利益だけを追求してしまうと、その先にはつながりません。ですから、私はお客様との信頼関係を築くことを意識して仕事に取り組んでいます。例えば、最初にお客様と電話でお話しさせていただいたら、その方と相性の良さそうなスタッフにその後の商談やアフターサービスなどを担当してもらうといった具合ですね。
 
水野 本当にお客さんの目線に立った考え方やサービスを徹底していらっしゃるんですね。
 
金子 そうですね。というのも、弊社では「一人のお客様の後ろには百人のお客様がいる」を社訓としているんですよ。一人のお客様にご満足いただき、再び車を買い替える時は、また弊社で購入したいと思っていただくことはもちろん、さらに家族、親戚、友人、知人の方々等に弊社を紹介していただくことができたら、それほど嬉しいことはありませんからね。大手企業は、そのネームバリューやブランド力によって信用を得ています。しかし、弊社では会社の看板ではなく、私たちスタッフ一人ひとりを“人”として評価していただくことで、信用を得られるのだと考えています。
 
水野 確かに、一人のお客さんと契約が成立しても、それはただの結果であって、その方の評価とはまた別ですからね。評価されることで初めて確かな信用に結びつくのでしょうし、だからこそ人にも勧めたくなるのではないでしょうか。
 
店内にキッズスペースを設けている
店内にキッズスペースを設けている
金子 おっしゃる通りですね。例えば、中古車という商品の特性上、どうしても傷は付くものです。もちろんお客様には事前にご納得のうえでご購入いただくものの、納車後にやはりどうしても傷が気になるという方もおられます。ただ、大手の販売店などの同業他社では契約上、納車後に修理を対応するケースはほとんどありません。でも、多少の傷を修理する程度であれば、1~2万円ほどの金額で済んでしまうんですよ。弊社では、そういった細かな要望も可能な限り対応しております。お客様の言いなりになることがお客様サービスとは思いませんが、会社としてできる最大限の誠意ある対応の一つひとつが、その先の評価につながると確信しているんです
 
水野 先ほどもおっしゃっていたように、大手企業ではフットワークを軽くして細かな対応をするのは、難しいでしょうからね。そのお客さんに対する真摯な姿勢も、御社の大きな強みだと思いますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事