B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

関わる人全てを幸せに!
地域密着の介護サービス

 

社会福祉法人として真の地域密着を実現する

 
150211_k2106_g02.jpg
名高 どんなところが、前職と最も異なると感じましたか。
 
大塚芳正 利用者様と直接触れ合えることです。前職ではユーザーさんとのお付き合いは薬を通してのみでしたが、介護の仕事では、利用者の方の心の深いところまで入っていきます。そして、良いことや問題を抱えられていることを理解し、過去も含めてその方に寄り添います。大変ですが、やりがいがありますよ。
 
名高 芳正理事長のお話を聞いていると、介護職が本当に好きなんだとわかります。今はどれくらいの規模で運営されているんでしょう。
 
大塚芳正 多くの皆様のご支援をいただき、現在では「特別養護老人ホーム すどの杜」「元吉原デイサービスセンター はまかぜ」「特別養護老人ホーム 風の杜」の3施設を運営しています。2016年4月にも新しい施設を開業予定です。
 
名高 計4つも運営されるようになるとは、すごいですね。会の成長を支えた強みは、ズバリ何ですか。
 
大塚芳正 一言で言えば「地域密着」です。私たちは設立時から「地域のためにどのように尽くすことができるか」と考えてきました。なぜなら、地域との関係を切り離してしまっては、福祉は上手くいかないからです。
 
150211_k2106_d01.jpg
風の杜 施設長の大塚芳子夫人
大塚芳子 ご利用者様はご家族やご友人など、地域にお住まいの様々な方との触れ合いの中で暮らしておられます。だから、ご利用者様の人生をより良くするためには、地域全体を活性化することが不可欠なんです。そのため私たちは、地域の方々と一緒に福祉計画をつくったり、町内会の皆様とどのような取り組みを行っていくかを一緒に考えたりもしているんですよ。
 
名高 地域の福祉業界のパイオニアとして高齢者施設やデイサービスなどの事業を行いつつ、自治体と協力して街ぐるみの地域活性にも尽力されているわけですね。「地域密着」は様々な業界で言われていますが、美芳会さんほどこの言葉を体現されている組織はめったにないと思います。素晴らしいなあ。
 
大塚芳正 加えて、社会福祉法人として成年後見人を受託できる日本唯一の法人であることも強みです。だから、財産のない高齢者で、かつ意思決定が難しい方などの直接的な支援ができます。これにより法人としての信頼度や事業の幅がさらに広がったと感じています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事