B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

タグ別TAG

タグ:銭湯

  • 復活する銭湯 vol.2小杉湯のバックオフィスを支えアイデアを実現する“キーマン” 東京都杉並区高円寺駅北口からおよそ徒歩5分の場所にある昭和8年創業の老舗銭湯小杉湯は、スタッフや顧客のアイデアを柔軟に取り入れて多彩なイベントやコラボグッズを展開する、活気ある銭湯だ。3代目平松佑介氏とともにタッグを組んでいるのが、株式会社SUNDAY FUNDAY代表取締役および株式会社小杉湯のCSO(チーフストーリーテラー)を務める菅原理之氏。外資系の広告代理店などで培った豊富なスキルを活かし、既存のルールにとらわれず、理想を追求する姿勢で小杉湯のバックオフィスを支えている。インタビューではその取り組みや、転職した経緯を詳しくうかがった。

  • 復活する銭湯 vol.1次世代に銭湯文化をつなぐ黄金湯の夫婦 昨今、銭湯業界では経営者の高齢化やコロナ禍による影響で経営が困難となり、廃業を余儀なくされている銭湯も多い。一方、クラウドファンディングなどの仕組みを利用して改装工事を行い、再出発を図る銭湯もある。総武線錦糸町駅の北口より徒歩6分の場所に佇む黄金湯もまた、2020年8月にリニューアルオープンした銭湯の一つだ。むき出しのコンクリートづくりのスタイリッシュな外観が目を引く店内では、タイムスリップした感覚に陥るような古いレコードの音楽が流れている。革新的な銭湯の店主である新保卓也氏と新保朋子氏に、施設の大改装における経緯や、当時の思いをうかがった。

  • BathHaus 昨年2018年は、「働き方改革」が大きな話題となりました。昨今は、デジタルノマドワーカーも多いほか、リモートワークを導入している会社も少なくありません。そんな中オープンした「BathHaus(バスハウス)」は、なんと銭湯にワークスペースとクラフトビールが楽しめるバーまである、“ハイパー銭湯”。仕事をしたら、ひと風呂浴びて、ビールを1杯――。1日の楽しみが凝縮したような理想のスポットで、新たな働き方を考えてみませんか。

  • 天然温泉 久松湯 まるでラグジュアリースパのようなモダンな浴場。これが銭湯!?  古くから庶民の日常の一部

最新記事

話題の記事