B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

タグ別TAG

タグ:リモートワーク

  • 今日はどこで仕事する? ワークスペース探訪記 vol.4 働く女性をサポート! DAY ON SALON 個性豊かなワークスペースをピックアップし、テレワークに悩めるビジネスパーソンにご紹介する連載コラム第4回。今回は、女性が自信を持って活躍できる空間やサービスを提供する話題の女性向けカフェ&コワーキングスペースを訪ねてみました! 長引く在宅勤務で下がりがちなモチベーションも爆上げしてくれる、仕事・外見・内面の3つのスイッチを“ON”にする仕掛けに注目です。

  • 今日はどこで仕事する? ワークスペース探訪記 vol.3 お風呂に入って寛ぎながら湯work! 個性豊かなワークスペースをピックアップし、テレワークに悩めるビジネスパーソンにご紹介する連載コラム第3回。在宅勤務だとリラックスした状態で仕事ができる反面、家のことが気になったり、オンとオフを区切りにくかったりするのが悩ましいところ・・・。そんな人にぴったりな、寛ぎながら働けるユニークなワークスペースを見つけました!

  • 続々・働き方改革でいかに働くか ~リモート授業ネイティブ世代の就労観に対応する~ 先月初めのWeb記事*1で、NTT東日本が実施した「未来の働き方」に関する意識調査が報道されていた。調査対象は全国の高校・大学生575人。内訳は高校生175人、大学生400人である。いずれもテレワーク(リモートワーク)の働き方について知っている人たちだ。

  • 今日はどこで仕事する? ワークスペース探訪記 vol.2 猫が仕事を邪魔してくれるneco-makers 個性豊かなワークスペースをピックアップし、テレワークに悩めるビジネスパーソンにご紹介する連載コラム第2回。長引く在宅勤務、静まり返った自宅に籠ってパソコンを睨む日々に疲弊していませんか? 今回は、あえて“猫が仕事を邪魔する”という、猫好きには夢のようなワークスペースを訪ねました!

  • 今日はどこで仕事する? ワークスペース探訪記 vol.1 駅で見かけるSTATION DESKで仕事してみる! コロナ禍で一気に進んだ働き方改革。テレワークを導入したことで、オフィスを縮小したり、地方にサテライトオフィスを立ち上げたりした企業も多く、コロナ禍以降も場所に縛られずに働くスタイルが定着しそうです。しかし、家にこもってデスクワークばかりでは刺激もなく、モチベーションも上がらない。そもそも自宅では、仕事環境が整っていない!――という問題も。そこで毎月、街に点在する個性豊かなワークスペースをピックアップし、テレワークに悩めるビジネスパーソンにご紹介していきます。

  • ニューノーマル時代に選ばれる! 周りと差がつくオンライン・ビジネスマナー 第4回 オンライン前後でさらに好印象を UP させる、メールと電話の使い方 リモートワークも一般的となったニューノーマル時代では、ファーストコンタクトの場が非対面という機会も少なくありません。対面であれば自身の身だしなみの徹底や、時にはお相手の方にお渡しする手土産などを用意することもあるでしょう。ですが、オンライン上ではどうしても印象を決める部分は画面上のみとなるため、その印象を補足させるメールや電話でのきめ細やかなフォローがビジネス上の信頼へとつながってきます。

  • ニューノーマル時代に選ばれる! 周りと差がつくオンライン・ビジネスマナー 第3回 あっという間に好印象に変わる、オンライン簡単テクニック 生活様式や働き方が大きく変わったニューノーマル時代。
    前回は、リモートワークが当たり前になった今だからこそ、“オンライン”という外的要因を整えること=オンライン環境を整えるための照明やWifi環境の整備についてお伝えしました。今回は内的要因の部分―そう、“あなた自身”をほんの少しブラッシュアップさせ、オンライン印象をぐんとアップさせるテクニックについてお伝えします。

  • ニューノーマル時代に選ばれる! 周りと差がつくオンライン・ビジネスマナー 第2回 相手が“聴く姿勢”に変わる、オンライン環境の整え方 2020年から続くコロナ禍によって、生活様式や働き方は大きく変わりました。それらを総称しニューノーマル時代と呼ばれています。
    これまではビジネスシーンと言えば直接顔を合わせることが当たり前でしたが、今は一度の会議をするにしても、テレビ会議が主流となった企業も少なくありません。直接お会いするのであれば“あなたという人間”は頭の先からつま先まで、全身を通し、直接お会いできているからこそ伝わる感情や人柄、趣味といった情報が、総合的に組み合わさり、“あなたの印象”として他者に意識づけられていました。

  • ニューノーマル時代に選ばれる! 周りと差がつくオンライン・ビジネスマナー 第1回 印象を磨いて笑顔になってもらうお手伝い! RICCA(リッカ)代表の朝倉みや子氏はオンラインマナーの専門家です。コロナ禍が続く中で、非対面でのコミュニケーションツールとしてオンラインが浸透し、オンラインでの会議や商談が当たり前になりつつある現在。しかし、対面と画面越しでは相手が受け取る印象が大きく異なり、「オンラインになってやり辛くなった」という声が挙がっていることも事実です。そこで本コラムでは、朝倉代表が、読んですぐ実践できる、オンラインならではのマナーを伝授。画面越しの相手に好印象を与えることで、ニューノーマル時代にさらなる活躍の場を広げたい人を応援します。第1回は朝倉代表の自己紹介と、連載を通じて伝えたいことをご紹介!

  • オンラインとコンプレックス商品市場 ~あるいはリモートワークの近未来~ 今年もさまざまな分野でコロナ禍の影響が残ってしまったが、ネガティブな影響を受けた分野があるいっぽうでポジティブな波に乗った市場もある。その一つが「ヘアロス対策」市場だったようだ。商品単位で見たときにコロナ禍で一番売り上げが落ち込んだものが「スーツケース」だったとは*1、「いったい我々の社会に何があったのか」を身近なモノに象徴させて掴みたい好奇心を満たして「へぇ!」とか「はっはぁ~」とかいう嘆息と共に流布した雑学知識たが、Withコロナも2年目に入った本邦で、育毛、増発毛、ウィッグ(かつら)の売り上げが着実に伸びているという。「我々の社会に何があったのか」を自身の頭を撫でながら実感できるというのは、年末に際しいかにも喜ばしい、勇気づけられる出来事ではなかろうか。