B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

タグ別TAG

タグ:ものづくり

  • Makers'Base コロナ禍の影響で、この1年ほど、おうち時間を使って自宅のDIYを楽しむ人が増えていると言います。自宅でできる趣味として、大工仕事に限らず、さまざまなものづくりに目覚めた人は少なくないでしょう。市販の素材や手づくりキットを使って何気なく始めたものの、回数を重ねるうちにすっかりハマり、だんだん物足りなくなってくることもあるかもしれません。「もっと本格的にものづくりに取り組んでみたい」と思っても、内容によっては作業スペースの確保や本格的な機材をそろえるのが難しいことも。そんなときは、レンタル工房などを利用してみるのも手です。

  • Pagong 歴史のある建物をはじめ、日本の古き良き文化が今なお息づく京都。大切に受け継がれてきた伝統の技術の中にも、次世代につなげるために少しずつ新しい風を取り入れ、時代に合わせた変化を遂げているものは少なくありません。その一つが、京友禅のアロハシャツで知られるブランド「Pagong(パゴン)」です。

  • SIWA|紙和  書類の電子化などにより、進むペーパーレス化。とはいえ、生活の中にはさまざまな紙製品があふれ、暮らしに欠かせない身近な存在であることに変わりはありません。中でも、日本の伝統工芸品の一つである和紙は、その丈夫さと独特の風合いから、近年ではアクセサリーやインテリアの素材としても需要が高く、世界中から熱い視線を注がれています。

  • ARTISAN 新潟県の、ほぼ中央に位置する燕市。ものづくりが盛んな地域であり、特に、金属加工の町として隣接する三条市とともに古くから全国的にその名を知られています。釘やキセル、茶道具、そして洋食器など、時代とともに変化する金属製品の需要に応えながら、新たな加工技術も取り入れ切磋琢磨することで、地場産業として大きく発展してきました。

  • 浅草 飴細工 アメシン “新しい生活様式”によって、少しずつ日常が戻ってきています。とはいえ、今夏は花火大会や祭りの中止が相次ぎ、ちょっと寂しい印象。祭りや縁日の屋台が並ぶ様子は非日常感があり、いくつになってもわくわくするものです。中でも、手際よくハサミを動かしながら作品を仕上げていく飴細工の実演に、つい足を止めて見入ってしまった記憶がある人もいるのでは?

  • SAKUZAN 新型コロナウイルス拡大防止のために外出自粛となり、これまでアウトドア派だった人も、自宅で過ごす時間が増えたと思います。外食が減り、家族と自宅で食事をとる時間が増えた、料理をするようになったという人も少なくないのでは。せっかく家で食事を楽しむのであれば、少しでも心地よく、豊かなひと時にしたいものですよね。そこで、料理をよりおいしそうに見せて、食卓を明るくする工夫として、うつわにもこだわってみませんか?

  • WINGEDWHEEL この数年、幾度となく日本各地で自然災害などが発生し、大型停電がニュースになりました。暗闇の中で不安や不便さを感じる中で、キャンドルやランプの灯りに安心感を覚える人も多いはず。不規則な炎の揺らぎは、波の音や川のせせらぎなどにも共通する「1/fゆらぎ」という、人に心地よさを与えるリズムとなっています。だからこそ、キャンドルやランプの灯りには、電気による照明器具とはまた違った安心感を得られるのでしょう。

  • 大小屋 滋賀県甲賀市の信楽でつくられている陶器、信楽焼。その歴史は古く、「日本六古窯」の一つに挙げられています。信楽焼といえばたぬきの置物をイメージする人も多く、認知度の高いやきものと言えるでしょう。さらに、2019年後期には連続テレビ小説のモチーフとなったことも話題に。番組を通じて、信楽焼などのやきものに興味を持った人、そして「自分でもつくってみたい」と思った人も少なくないはず。せっかく興味を持ったのなら、ぜひ、本場・信楽を訪ねて、陶芸体験をしてみましょう!

  • VERMICULAR VILLAGE 無水調理でさまざまな料理ができると、大人気の鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」。その名前やシンプルかつスタイリッシュなデザインから、海外の調理器具ブランドだと思っている人も多いかもしれません。実はバーミキュラは、1936年に愛知県名古屋市で創業された老舗鋳造メーカー、愛知ドビーによるブランドです

最新記事

話題の記事