B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

スペシャルインタビューSPECIAL INTERVIEW

 
今後について聞くと、「おもしろいことがしたい」と話してくれた長谷川さん。女性らしくユーモアのある取り組みがしたいと言う。
 
 

人生にユーモアを

 
ビジネスでも遊びでも旅行でも、媒体は何でも良いので、みんなが楽しんでできることに取り組みたいです。まだまだ経験が足りないことも多いけど、ある程度年齢を重ねたからこそ考えられる取り組みがあるんじゃないかと考えていまして。女性が元気になって、かつユーモアのある企画を提案できたら良いなと思っています。
 
私を含め、多くの人の人生にユーモアが足りていないと感じています。真面目なのはもちろん良いことですが、真面目に生きすぎているのではないでしょうか。もうちょっと遊び心を持っても良いと思うんです。誰も損をしないで楽しめるものがあれば良いですよね。
 
何か新しいことに挑戦したいと思ったときに、「無理だ」とか「難しい」と諦めてしまう方は多いと思います。でも、たとえ荒唐無稽であっても成功した様子をイメージしてみると楽しいですよ。そういった思考は自由ですから。そうした思いを実行に移せたらより良いですよね。今後どういった企画に取り組むにしても、まずは自分が楽しむことが大切だと考えています。その楽しさが、周りの方々に伝わっていったら嬉しいですね。
 
 
(インタビュー・文 中野夢菜/写真 Nori/ヘアメイク 佐々木貞江/スタイリスト/梅山弘子)
ジャケット 8万5000円
パンツ 4万3000円
チノ(モールド) 03-6805-1449

カットソー 1万2000円
ラシュモン(アペリア) 03-6876-2655
 
 
glay-s1top.jpg
長谷川京子(はせがわ きょうこ)
1978年生まれ 千葉県出身
 
1996年、高校3年生のときに女性ファッション誌『CanCan』の専属モデルオーディションに合格し、翌年からモデル活動を開始。2000年、ドラマ『らぶ・ちゃっと』にて女優デビューを飾る。以降、映画や舞台など幅広く活躍。『グータンヌーボ2』ではトーク番組の司会も務めている。
 
Instagram
https://www.instagram.com/kyoko.hasegawa.722
 
 
 
(取材:2020年3月)

バックナンバー

最新記事

話題の記事