B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客第一の食品配送
笑顔と安心をお届け

 

すべての顧客と信頼関係を築く

 
glay-s1top.jpg
吉井 質の高いサービスを提供するにあたって、米本社長が大切にしていることは何でしょう?
 
米本 すべてのお客様に対して丁寧な対応を心がけることでしょうか。そのためにお取引先とは密にコミュニケーションを取り、連携を図っています。例えば、当然のことではあるものの個人のお客様が購入された商品を安全に運ぶために、お取引先の店舗できちんと梱包していただくよう、しっかりとお声がけしています。もちろん、丁寧な梱包をお願いするだけなく、そのお荷物を事故なく細心の注意を払って配送するのが私たちの使命。吉井さんがおっしゃったように弊社はお取引先の看板を背負って配送を担っていますから、当たり前ながら運転には注意に注意を重ねていますね。
 
吉井 取引先と万全な協力体制を構築しているんですね。
 
米本 ええ。一方、配送先のお客様に対しても、ただお届けすれば良いという考えではなく、安心感という付加価値を与えられるように取り組んでいます。例えばある配送エリアに対しては、その土地に熟知したスタッフを一人割り当てるようにするなどといった工夫をしているんですよ。ちなみにスタッフにもただ商品を届けるのではなく、一種の接客だという意識を持ってお客様に荷物をお届けするよう共有しています。
 
吉井 安全性が第一の食品はできるだけ信頼できる人に届けていただきたいもの。そこを、その地域に詳しいスタッフさんにお任せし、いち早く配送できるよう配慮してくださるのは、すごく安心できますよ。それによく届けに来てくださる顔見知りのスタッフさんなら、お客さんの安心感が違うと思います。
 
glay-s1top.jpg
米本 ありがとうございます。吉井さんのおっしゃる通りそのエリアを担当するドライバーが決まっていればお客様に安心を与えられる一方、担当が頻繁に変わってしまうと、不安を抱かせてしまう恐れもあると思うんです。私自身も経営の傍ら配送業務を行っており、よくご挨拶させていただくお客様も多いので、そのことは強く実感していまして。ただ、状況によっては、荷物が多く人手が足りないといった場合もあります。ですから、手の空いたスタッフが別の地域に応援に行くなど、スタッフ間でも臨機応変に対応できるようにしているんですよ。私が指示せずともスタッフ同士が互いに協力し合ってくれているので、非常に助かっています。
 
吉井 なるほど。取引先との連携や配送先のお客さんとの関係性、それに自ら臨機応変に動けるスタッフさんたちと、すべての要素が相まって質の高いサービスを提供できているんですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事