B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

創業支援から上場まで 中小企業を徹底サポート
大樂公認会計士・税理士事務所 所長 大樂弘幸

 
プロフィール 茨城県出身。高校時代に公認会計士を志し、慶應義塾大学商学部へ進学。卒業後、公認会計士試験合格を果たす。資格取得後は、大手監査法人での勤務や金融庁への出向などを経験し、20年以上にわたり会計監査業務の知識とノウハウを培った。2021年、コロナ禍を機に独立し、大樂公認会計士・税理士事務所を開業。経営者の創業支援から上場までトータルでサポートしている。大の野球好き。【ホームページ
 
 
 
今年2021年10月に開業した大樂公認会計士・税理士事務所。所長を務める大樂弘幸氏は4大監査法人のうち3社に勤め、金融庁への出向も経験するなど、華々しいキャリアの持ち主だ。その実績を活かし、コロナ禍で不況にあえぐ中小企業を支えたいとの一心で独立を果たした。「プロに依頼する意味を顧客に見出してもらいたい」と語る大樂所長。経営者の良きパートナーとなるべく、その経歴に甘んじることなく日々勉強を欠かさない。
 
 
 

公認会計士を目指し大学へ進学

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鈴木尚広(野球解説者)
鈴木 東京都世田谷区の大樂公認会計士・税理士事務所さん。大樂所長は野球がとてもお好きだということで、お会いできるのを楽しみにしていましたよ!
 
大樂 鈴木さんにお目にかかれて光栄です。私は小学生の頃からプロ野球選手になることを目標に、中学まで野球を続けていました。あえなく夢破れて、高校ではラグビーに転向したんですけどね(笑)。その後、進路を決める時期に公認会計士を志すようになり、資格試験の合格率が全国一といわれていた慶應義塾大学の商学部に入学しました。ちなみに読売ジャイアンツの監督を務めていらした高橋由伸さんは、私の2つ上の学年に在籍していたんですよ。東京六大学野球はよく見に行ってました。
 
鈴木 大樂所長の声援は、グラウンドの高橋さんにも届いていたのではないでしょうか。ところで、大樂所長は公認会計士資格を取得したからこそ今があるはずです。試験にはいつ頃合格されたのでしょう?
 
大樂 大学卒業後の24歳のときです。経済系の資格の中でも最難関と言われる公認会計士試験ではあったものの、プロ野球選手はナイターの試合でも朝9時から練習するくらい、大変な努力をされているじゃないですか。私もその努力に感化され、頑張ることができました。
 
鈴木 プロ野球界で生き残るには、必死に練習するしかありませんからね。私たちのその努力が大樂所長の励みになっていたなら、嬉しく思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事