B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ビル・ホテル清掃のプロ
空間除菌の新商品も展開

 

社員がビルやホテル1棟の責任者として活躍

 
glay-s1top.jpg
狩野 あらためて、個々の清掃作業について、御社の特色や強みも交えて紹介していただけますか。
 
杉原 ビルの定期清掃のうち、高所の窓ガラス清掃は高所特殊作業の特別教育を受けたロープ職人の従業員が行います。またフローリング機械洗浄から高所の窓ガラス清掃まで、すべて自社で完結できるのがアピールポイントですね。ホテルの客室清掃も含め、現場1棟につき1人の社員を責任者として置くことで、社内にやる気と責任感を持ってもらうようにしています。
 
狩野 ビルやホテルを丸ごと任されたら、誇らしい気持ちになるでしょうね。今、従業員さんの数はどれぐらいですか?
 
杉原 社員15人、パートが約250人です。ホテルの作業は365日休みなしなので、みんな本社に通勤しないで、毎日、現場に直接向かってもらっています。
 
狩野 なるほど、それぐらい密着していないとできない仕事なんですね。さて、先ほど少し触れた空間除菌剤については、どういった経緯で販売することになったんでしょうか?
 
杉原 狩野さんは大阪の製薬会社が製造しているクレベリンという空間除菌剤をご存じでしょうか。この空間除菌剤の開発者が実は西宮の方で、大の阪神ファンなんですよ(笑)。製薬会社を退いた後、二酸化塩素をもっと正しく世の中に役立てたいと、ご自分で新たにCLO2 Lab(シーエルオーツーラボ)という会社を興したんです。そこから発売されたOXIDER(オキサイダー)という二酸化塩素を用いた空間除菌剤の性能や開発者の想いに私は感動し、これを業務用に活用する許可をいただいて、自社製品「OXIDER®️PROSYSTEM(オキサイダープロシステム)」として販売することになったわけです。
 
 

社運をかけたプロ用空間除菌剤を展示会出展

 
狩野 クレベリンは知ってますよ! 現役時代、自分なりに空間除菌剤をいろいろ調べてみて、クレベリンがいいと感じたので体調管理のために部屋やトイレにずっと置いていたくらいです。御社の扱う商品は、どんなところが優れているんですか?
 
glay-s1top.jpg
杉原 二酸化塩素を用いたオキサイダープロシステムは物や空間のウィルス・菌・カビ菌・悪臭の除去に非常に優れた商品です。徹底除菌・徹底消臭を目的とした高濃度の二酸化塩素生成用錠剤を用いた施工サービスや継続除菌・継続消臭を目的としたオキサイダープロスプレー・置き型のオキサイダー等がございます。除菌・消臭作業で一般的な除菌剤・消臭剤を使用した場合、ふき残した箇所があると除菌・消臭が不十分である点やそもそもホームセンターなどでは商品にじかに薬剤で濡らすことができない問題がありました。しかし、オキサイダープロスプレーはスプレーした噴霧粒子個々の表面から二酸化塩素ガスが揮発して商品自体を濡らさなくてもガスとしての作用で空間や物体の除菌や消臭ができます。そこに大きな可能性を感じたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事