B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

豊かな刻(とき)をもたらす 薪ストーブの伝道師
株式会社雅楽 代表取締役社長 白石雅一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 兵庫県を拠点として主に関西圏で薪ストーブの販売・設置を行っている株式会社雅楽(がらく)さん。私は薪が燃えているのを見るのが大好きで、炎のゆらぎをいつまでも眺めていられます。ですから薪ストーブはまさに憧れの存在なんですよ。いつかは自宅に取り入れてみたいのだけれど、メンテナンスなどが素人では大変そうな印象もあります。
 
白石 弊社では、設置に関しての相談から、施工、メンテナンスまでワンストップで対応していますのでご安心ください。お客様の住環境やライフスタイルに最適な薪ストーブがどんなものなのかを一緒に考案し、ご提案させていただきます。燃料である薪についても、林業に携わる知人から融通してもらうなど独自に入手しており、薪ストーブに関するすべてに対応していますので、ぜひご利用いただきたいですね。見積は無料にて対応いたしますので、一度お声がけいただければと思います。
 
タージン メンテナンスにも対応してくれるのは、大変心強いですね。そもそも、白石社長が薪ストーブと出会ったきっかけはなんだったんでしょう?
 
白石 私は長野にも家がありまして、そこに薪ストーブを設置したのが始まりです。そこで、炉内で料理をつくったり、ストーブを囲んで家族でくつろいだりと、暖を取る目的以外でも使用していたんです。薪ストーブがあるだけでみんなが癒やされて、幸せを感じられる。その魅力をぜひ、関西にも広めていきたいと考えて起業しました。「心の癒し」「楽しみ」「幸せ」の3つを提供したいという意味で、3つの炎をロゴマークにも冠しています。
 
glay-s1top.jpg
タージン なるほど。白石社長ご自身が薪ストーブをこよなく愛してきたわけだ。ユーザーとしての視点もお持ちだから、購入する立場で相談もしやすそうで、ありがたいです。それにしても、薪ストーブにはこんなに種類があるのですね! 驚きました。ホームページを拝見していても、北欧風デザインのおしゃれなストーブからシンプルでスタイリッシュなものまでさまざまです。
 
白石 薪ストーブで料理をつくりたいというご要望も多くあります。その場合、上部は別構造のオーブンとなっている薪ストーブをご紹介しています。暖を取りつつ、オーブンとしての役割も果たしてくれるので、特に女性に好評ですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事