B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

マルチな技術と若さで 住宅リフォームに対応
株式会社メタルワークス 代表取締役 井上顕斗

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 住宅リフォーム事業を手がける株式会社メタルワークスさんの井上社長は、私の母校である岡山東商業野球部の出身だそうですね。共通の知人も多いし、今日はまるでOB会のような雰囲気で嬉しいです。まずは御社と井上社長の歩みからじっくりうかがいましょう。
 
井上 弊社は住宅リフォーム事業をメインに、電気や水道をはじめ、設備から大工工事、お家のトラブルまでワンストップに対応できる会社を目指し、日々精進しているところです。もともと、お風呂やキッチン、トイレや洗面台という設備の組み立てのメーカー施行を受注するところからスタートしました。
 
八木 ということは、現在軸になっているリフォームに関してはゼロからのスタートだったのですね。
 
井上 はい。2010年頃から、本格的にリフォームのご依頼が増えたものの、試行錯誤の繰り返しでしたね。とにかく丁寧に、職人として最高の技術を提供する点にこだわって、幅広くお仕事をこなしていき、だんだんと「メタルワークスさんにお願いしたい」という声をいただけるようになっていったのです。
 
八木 仕事が仕事を生んでいったのですね。ちなみに、野球をずっと続けて、将来につなげようとは考えなかったのですか。
 
glay-s1top.jpg
井上 ご存じの通り、東高は野球の強豪校です。私も小、中学校は軟式野球に没頭してきたので、自信を持って東高の野球部に入部したのです。ただ、そこでかなりしごかれ、自分より上には上がいるという現実を知りましたね。その後は大阪の大学に進学したものの、野球一筋で来た自分は目標を見失いかけていました。
 
八木 確かに、一つの夢を真剣に追いかけて来た人ほど、切り替えるのは難しいかもしれません。
 
井上 けれども、卒業後、地元に帰った時、子どもの頃に戸建ての持ち家に憧れた気持ちを思い出したんです。自分の家を持つことはもちろん、家をよみがえらせたい、住み良い暮らしをしたい、そう思うすべての人のお役に立てる仕事をしたいと考え、現在の仕事に辿りつきました。そして、組み立てからリフォームまでにと発展してきたのです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事