B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人の心に寄り添いながら
ここだけの薬局を目指す

 

実務実習指導薬剤師が薬学部の学生を指導

 
glay-s1top.jpg
タージン 山西代表の理想を薬局の店頭で体現するスタッフさんとは、日々どのように向き合っていらっしゃるのでしょうか。
 
山西 私はこの会社を、私という経営者だけが運営しているのではなく、スタッフたちと共に運営しているのだと考えているんです。ですから、私は週に1日だけ出勤するパート従業員も含め、すべてのスタッフに対して、“大事な人をお預かりしている”という気持ちで向き合っています。
 
タージン 山西代表が人を大切にしていらっしゃることは、お話ししているだけでも伝わってきますよ。ですから、地域のみなさんにも同じようにその気持ちが伝わっていると思います。そのような山西代表の精神を受け継いだ薬剤師さんがますます増えていくと良いですね。
 
山西 そうですね。私たちはそのために、大学の薬学部の学生を受け入れ、現場の仕事を教えているんです。弊社には「認定実務実習指導薬剤師」の資格を持つ薬剤師が3名所属しておりまして、通常は1名いるかいないかというところなので、とても珍しいケースだと思います。次世代の薬剤師を育成するために、使命感をもって業務に取り組んでいるところです。
 
タージン 人材育成にも情熱を注いでいらっしゃるのはさすがですね。それでは、病院などの医療関係者との連携などについてはいかがでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
山西 患者様の個人情報を主治医の先生と共有するのはなかなか難しい点はあるものの、弊社では患者様の治療に必要な情報について、主治医の先生とも連絡を取るなど協力し合いながら、地域医療に取り組んでいます。また、このバイアル調剤薬局が入居しているメディカルセンター長居の先生たちとLINEグループをつくり、災害時の対応など、さまざまな点について綿密に連絡を取り合っているんです。
 
タージン お医者さんと薬剤師さんが連携するのは、意外とハードルが高いと聞いたことがあります。でも、そのような協力体制を築いていらっしゃるとは驚きました!
 
山西 私も、よく周囲の方々から「どうしてそれほど先生と仲良くできるんですか」と聞かれることがあるんですよ(笑)。しかし、私としては患者様とも先生とも、もちろん友だちともいろんな方々と至って普通にお付き合いをしているだけ、ただ人が好きなだけだと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事