B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

薬局・薬店と力を合わせ
健康寿命の延伸に貢献

 

ミネラルは細胞と細胞をつなぐ重要な栄養素

 
glay-s1top.jpg
狩野 熱い思いを持って会社を立ち上げられたんですね。魚嶋取締役は、福本社長が独立後に入社されたんですか?
 
魚嶋 いえ、実は前職からの付き合いなんですよ。福本から起業の話を持ちかけられた時に、そのビジョンに深く共感し、賛同しました。それで、すぐに一緒に会社を立ち上げようと決まったんです。
 
狩野 なるほど、いわばお二人は同志というわけですね。そんなお二人が立ち上げた創健ヘルスケアさんで取り扱っている商品をぜひ教えてください。
 
福本 弊社の看板商品は、約60種類のミネラルを配合した「海洋ミネラルシリーズ」です。カプセル、パウダーなどのタイプを取りそろえています。その他、80種類以上の素材を配合した酵素、自然素材を活かした健康食品、漢方にも使われるさまざまな材料を組み合わせた健康食品など、「自然」や「天然」を意識したものを取り扱っています。さらに、ジェネリック医薬品の卸売販売も行っています。
 
狩野 実に多彩な品ぞろえですね! 近年ジェネリックはずいぶん浸透してきたと思います。でも、ミネラルに関しては、大切な栄養素なのに認知度は低いかもしれませんね。私たちアスリートは、かかりつけの医師から勧められたり、プロ野球球団でもミネラル水をまとめて取り寄せたりと、ミネラルの大切さを知っています。夏場は熱中症予防にもなりますからね。
 
glay-s1top.jpg
取締役の魚嶋正一氏
魚嶋 狩野さんがおっしゃるとおり、ミネラルは健康に欠かせない要素です。5大栄養素の1つで、細胞に栄養を与え、新陳代謝によって元気な細胞を生み出す手助けをする役割を担っています。いわば細胞と細胞をつなぎ合わせる“接着剤”のようなイメージですね。
 
狩野 ほー、それはわかりやすい! ミネラルがあるからこそ、細胞が連携して円滑な働きができるというわけですね。
 
福本 ですからミネラルが不足すると、体のあちこちに不調が出てしまいます。ミネラルは体の中でつくることができないので、外から取り入れるしかありません。でも、多くの人が、食事から十分な量を摂取できていないのが現状です。現代人に不足しがちな栄養素なんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事