B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

各家庭の事情に合わせて 最適な省エネ住宅を提案
T-LIFE株式会社 代表取締役 田川翔平

 
プロフィール 福岡県出身。学生時代はサッカーに熱中し、プロを目指す。大学卒業後は福岡に本社を置く太陽光発電の販売会社に就職。営業で好成績を納め、入社2年目で支店長を任された。その後も、全国の営業所の立て直しに奔走。入社当時から独立を意識していたこともあり、2018年8月に起業し、T-LIFE(株)を設立した。【ホームページ
 
 
 
太陽光発電や、近年、注目を浴びている家庭用蓄電池など、省エネ製品の販売を手がけているT-LIFE(ティーライフ)株式会社。代表取締役の田川翔平氏は、同業他社での活躍を経て、顧客第一主義を掲げて起業を果たした。顧客の役に立つべく、一軒一軒の家庭に最適なプランを提案し、トータルサポートにも力を注ぐ同社の真摯な姿勢に注目した。
 
 
 

より顧客の役に立つ仕事をするため独立

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 東京都北区を拠点に太陽光発電、オール電化システムなどの販売や住宅リフォームを手がけるT-LIFEさん。田川社長はまだ20代とお若く、見事な体型をしていらっしゃいますね。何かスポーツをなさっていたのでしょうか。
 
田川 そうなんです。もともと私は学生時代はプロのサッカー選手を目指していたんですよ。ただ、残念ながらその夢を果たすことはできませんでした。それで、大学卒業後は地元・福岡に拠点を置き全国展開する太陽光発電の販売会社に就職しました。この業界を選んだのは、若くても実績を上げれば認められるところに魅力を感じたからです。
 
矢部 入社してみて、いかがでしたか?
 
田川 おかげさまで、営業として実績を上げ、2年目で支店長を任されたんです。その後も、成績の悪い営業所を立て直すために北海道から福岡まで1年間で8回転勤するなど、さまざまな経験を積んできました。ただ、私は入社当初から「いずれは独立する」と考えていたんですよ。よりお客様のために役立つ仕事をしよう。そのための組織を、自分の力でつくりたいと決意して独立し、2018年8月に弊社を起業して現在に至ります。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事