B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

技と信頼のタイヤ専門店
40年の実績を土台に飛躍

 

命に関わるタイヤだから絶対に手を抜けない

 
矢部 長く続くお店の2代目として、高野店長が一番大切にしているポイントを教えてください。
 
glay-s1top.jpg
高野 何事も、お客様の立場に立って考えることです。わざわざ来店されるからには、お客様はタイヤのことで何か困っておられます。中には、おなじみの方が仕事と関係のないお誘いの電話をくださるケースもありますが(笑)、基本的には、困っていることがあるからここへ来られます。私がそれを解決すれば、お客様も笑顔になりますし、店の商売にとってもプラスになる。すごくシンプルではあるものの、これに尽きるのではないでしょうか。
 
矢部 まるでタイヤに関する駆け込み寺的ですね!
 
高野 そうですね。問題を解決するには、まず何を困っているのか、ちゃんと聞き取ることが大切です。料金のことなども含め、お客様がどうにかしたいって思っていることを全部聞いて、そのうえで解決に全力を注ぐよう心がけています。
 
矢部 お客さんが口に出してお願いしたことだけでなく、その奥にある“本当に困っていること”までプロの目でくみ取ってもらえると、とても助かりますね。
 
高野 タイヤが正常な状態かどうかは人の命に関わることですから、少しでも不安があればすぐに解消しておいたほうが良いし、そうすることが社会に対するタイヤショップの責任でもあると思います。以前、走行中にタイヤが外れてしまった不幸な事故を耳にしました。矢部さん、どうしてそんなことが起こると思いますか?
 
矢部 それはやっぱり・・・取り付けが甘かったから、ではないんですか?
 
高野 締め忘れだと普通は思いますよね。それも間違いじゃありません。しかし、逆に締め過ぎが原因で外れる場合もあるんですよ。
 
矢部 そうなのですか! 緩くても、きつ過ぎても危ないんですね。それを聞くと、確かな技術を持った方にお任せすることの大切さがよくわかります。
 
glay-s1top.jpg
高野 ええ。私は、これからもお客様の安全で快適なカーライフのために、できることをコツコツ積み上げていきたいと思っています。当店は他社で購入したタイヤの持ち込みにも喜んで対応しますし、別の店舗では解決しなかった問題がある場合でも、親身になってご相談に応じます。タイヤのことなら誰にも負けませんので、いつでもご連絡ください。お待ちしております。
 
矢部 うん、頼もしい! 40周年のその先へ、高野店長のますますの活躍に期待します。頑張ってください。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私にとってタイヤを扱うことは、幼い頃から慣れ親しんできた、一番楽しいものなんです。まるで、全力で遊んでいるようでもあります。だから、自然と楽しめていますね。
(高野雅之)
 
: 店舗概要 :: 
  ■ 店舗名 タイヤショップ長津田
■ 所在地 〒226-0027 神奈川県横浜市緑区長津田6-10-30
■ 事業内容 自動車タイヤ専門店運営
■ ホームページ http://nagatuta-tireshop.net
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事