B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

リノベーション+不動産で 理想の暮らしを実現
C.s合同会社/Cdots HOUSING 代表 垣内友和

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 神戸市に拠点を置き、「Cdots HOUSING(シードッツハウジング)」の屋号で不動産リノベーション事業を展開するC.s(シーエス)合同会社さん。具体的な業務内容を教えていただけますか。
 
垣内 近年、特に都市部では中古マンションが増えています。そのような物件は、同じ立地条件の新築よりも比較的安価で購入できるんです。弊社は主に中古マンションを購入し、リノベーションを組み合わせていただくことで、そのお客様だけの理想の住まいに暮らすことをご提案しておりまして。物件探しからローンや工事のご相談まですべてをお引き受けしています。
 
八木 理想の住まいを安く手に入れられるのは魅力的です。しかも、資金の悩みからリノベーションまでワンストップで相談できるのはありがたい限りですよ。
 
垣内 ありがとうございます。また、弊社は、弁護士や税理士のように「売主様か買主様、どちらか一方のご依頼主のために働く」と決めています。つまり、弊社は不動産を売却もしくは購入するお客様のために汗をかき、仲介手数料も原則として売主様か買主様のどちらかからしかいただかないことにしているんですよ。そして、ただ「良い物件です」とお勧めするのではなく、たとえその物件について取り引きするうえで知らせる必要はなくとも、購入後に生じうるリスクについて積極的にお伝えしています。
 
glay-s1top.jpg
八木 まさに、依頼主のことだけを考える不動産会社というわけですね! 垣内代表はなぜ、そのような思いを抱くようになったのでしょう。
 
垣内 私は、大学は法学部に進学し弁護士を目指し、卒業後も予備校に通いました。法律の勉強をする傍ら、宅地建物取引士――旧宅地建物取引主任者の資格を取得したんですよ。その後、不動産鑑定士業務も行う税理士事務所等での勤務に並行して、自ら不動産投資をするようになったんです。その中で、一つの物件の取り引きの仲介で売主様と買主様の両方から手数料を受け取れる報酬体系に「これでは公平・中立的な仲介が難しいのではないか」と疑問を感じるようになりました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事