B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

贈った相手を笑顔にする 唯一無二のデザイン印鑑
がんてつ工房 代表 阿部千晴

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 印鑑デザイン作成工房、がんてつ工房さんにお邪魔しています。具体的に、どんな印鑑をつくっているんでしょうか。
 
阿部 似顔絵を印鑑に取り入れた「顔印-GAOIN-(ガオイン)」、江戸川区らしいイメージの金魚や風鈴を字に埋め込んだ「江戸印-edowin-(エドイン)」といった、世界に一つしかない印鑑をつくっています。これは、矢部さんのためにつくった顔印です。どうぞ!
 
矢部 すごく似てる! ありがとうございます、嬉しいです! 名前と似顔絵が彫られている印鑑なんですね。印鑑ケースもかわいいです。この似顔絵の印鑑は銀行印や公印として使えるんですか?
 
阿部 大丈夫ですよ。一品ものですから、どちらでも使えます。写真さえあればつくれますので、プレゼントにされる方も多いです。
 
矢部 印鑑って大切な場面で使うことが多いですよね。そんなときにこの顔印を見たら、みなさんハッピーな気持ちになると思います。見た目にインパクトもありますし、画期的ですよ。印鑑で人を笑顔にできるなんて、すごいですね。
 
阿部 印鑑をご覧になって、私自身も楽しんで作成しているのが伝わるのかもしれません。もともと趣味で似顔絵を描いていて、ものをつくって人に喜んでいただくのを楽しいと思っていました。それがだんだんと趣味の域を超えてきて、工房を始めることになったんですよ。
 
矢部 喜ばれるとさらにやりたくなる気持ちって、わかります。阿部代表が印鑑をつくるうえで、大事にしていることは何ですか。
 
阿部 似顔絵をつくるときには候補になるデザインを4つ以上提案するようにしています。お客様と相談しながら修正をして、共に作成するようにしているんです。お客様も自分で印鑑を作成したような気持になっていただけたら、嬉しいですね。
 
glay-s1top.jpg
矢部 プレゼントする相手のことをイメージしながら一緒につくれるのなら、楽しいと思いますよ。印鑑の作成をお願いしたらすべておまかせではなく、自分が理想とするデザインの品をプレゼントできるのがいいですね!
 
阿部 ありがとうございます。印鑑は外国の方にも人気なので、東京オリンピックに向けて、スポーツにちなんだデザインや、外国の方にアピールできる印鑑もつくっていきたいですね。
 
矢部 こんなに素敵な印鑑なら需要はたくさんあると思います。ご活躍、期待していますね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
もともと趣味で始めたことですから、この道を楽しんでおります。正に道楽ですね。 まぁもう少し売れれば嬉しいのですが(笑)。
(阿部千晴)
 

:: 事業所情報 ::

がんてつ工房

〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-5-24 朝日信用金庫船堀センタービル6F-608

ホームページ
http://www.gantetukoubou.jp/