B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

組織の実行力を高め 動く組織をつくる
株式会社じりつ未来研究所 代表取締役 柳辰雄

 
プロフィール 大阪府出身。高校卒業後に自動車整備士資格を取得し、自動車ディーラーに就職した。その後、印刷業界等でさまざまな業種の営業職を経験。立ち寄った書店で人生を変える1冊に出合い、コンサルティングの世界に興味を抱く。2008年、中小企業診断士の資格を取得し、2009年にコンサルタントとして独立する。“組織の実行力”をテーマにこれまで100社以上の経営改善に携わっている。【ホームページ
 
 
 
“組織の実行力”を高めることが経営において重要だと語るのは、コンサルティング事業を展開する株式会社じりつ未来研究所の柳辰雄代表取締役。若い頃からさまざまな業種に携わった経験と海外生活で培った実行力を武器に、中小企業の未来をサポートする頼もしい存在だ。柳社長は、第三者だからこそ見えること、伝えられることがたくさんあると語る。寄り添い過ぎない絶妙な距離感で中小企業を支える柳社長の考えに迫った。
 
 
 

経営の実態を把握し実行可能な計画を立てる

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪市中央区でコンサルティング事業を展開されている株式会社じりつ未来研究所さん。拠点はここ大阪ですか?
 
柳 はい。関西、特に大阪の中小企業全般を対象にコンサルティングを行っています。
 
狩野 具体的にはどのようなことをされているのでしょう。
 
柳 経営計画策定・実行支援、事業活動の見える化、人材育成、組織マネジメント、企業再生支援を5本の柱として、サービスを提供しています。実際に仕事をするうえでは、最初にお客様の会社の現状をできるだけ細かくデータ化して正確に把握することから始めるんです。現代は、驚くほどのスピードで中小企業を取り巻く環境が変化しています。その中で将来を予測するのはとても難しく、多くの企業が先行きを見渡せていない状況です。しかし、将来の予測を見誤れば、不適切な経営判断をする恐れがありますからね。
 
狩野 なるほど。きちんと実態を知ったうえで、どうすればいいのかを一緒に考えてくれるというわけですね。悩んでいる企業にとって、実に頼もしい存在ですね。
 
柳 ありがとうございます。事業規模の維持や健全な経営を継続することが難しい時代だからこそ、必要とされる事業だと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事