B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

医療・介護施設の悩みを ITで総合的に解決する
株式会社ソシオケアスタンダード 代表取締役 杉本幸雄

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 医療・介護事業向けに特化したIT化支援や、経営コンサルティングを手がける株式会社ソシオケアスタンダードさん。医療や介護業務のIT化を支援するのは、どういった理由からなんでしょうか?
 
杉本 近年多くのメディアにも取り上げられているように、医療・介護分野のIT化が遅れているからです。例えば、クリニックや診療所などの多くは、現在も紙カルテを使っている機関が多数あります。というのも、行政の監査対象が紙文書だったからです。それに、ベテランのドクターほどITを敬遠していますし、必要としていません。そうすると、保管されている膨大なカルテの中から、久しぶりに来院した患者さんや、昔の患者さんのカルテが必要になった時に探し出すのはとても大変です。そして大抵の場合、それを探すのは看護師などのスタッフなので、IT導入が遅れることで最も業務負荷が高いのは現場のスタッフなのです。
 
石黒 そうなると看護師さんや医療スタッフの方々はひと苦労ですね。介護の現場も同じような状況なんですか?
 
杉本 おっしゃるとおりです。介護業務の記録も監査対象であり、基本的に紙文書が対象です。この文書が保険請求につながるため、ケアの記録を正しく記載する必要があります。また、介護事業所の看護師は、訪問先などドクターが不在の場所では、医師に近い観察をする必要があり、観察状況を事細かく記録します。患者さんや利用者さんの状況は「昨日、または前回と同じ」という安易な記載は許されません。医療現場も看護現場もそのようにして、観察と記録をもとにした情報をスタッフ間で共有します。ただし、ほとんどがアナログです。
 
石黒 そういえば私も以前、息子が入院したときに、立て続けに違う先生と看護師さんが病室に来て、何度も同じ質問や説明を繰り返すので不安になったことがありました。情報の共有がスムーズに行えるようになれば、そのような手間も解消できますよね。
 
glay-s1top.jpg
杉本 確認のためにあえて同じ質問をする場合もあります。ただ、おっしゃるように、現場での情報共有が正しく図られている状態が望ましいですね。そこで、弊社では医療・介護現場でのタイムリーな最新情報を共有し、活発なコミュニケーションが図れるよう、医療施設や介護施設のIT化を推進し、導入を支援しています。アナログな情報を電子情報に変えれば、必要な情報を、必要な時に、必要なスタッフが得られます。電子カルテなどの導入で一番のメリットを享受するのは、患者さんとスタッフでなければなりません。弊社は丁寧なアドバイスと方策をご提案し、業務全体の最適なIT化をご提供しています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事