B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

元気な時でも来てほしい 地域密着型の相談薬局
トマト薬局 代表 岡沼敏子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 大阪府吹田市のトマト薬局さんでは、漢方薬を主に取り扱っているそうですね。岡沼代表はもともと漢方に精通していたんですか?
 
岡沼 最初は漢方の知識はまったくなかったんです。大学卒業後、大手の調剤薬局に勤務しました。しかし当時、ずっと薬を服用していても病気が治らない患者様がいらっしゃったんですよ。それで、西洋医学的な薬の処方だけで本当に病気が治るのか疑問を持ち、さまざまな治療法を学ぶようになりました。
 
杉田 そこから漢方に目を向けるようになったと。
 
岡沼 はい。漢方の特性や効能を知る中で、健康のために“病気に薬を合わせる”のではなく、“人に薬を合わせる”ことに驚かされました。また、生活習慣や食事を変えることも重要だと気付いたんです。私は薬とは一時期的に体を助けるものであって、一生飲み続けるものではないと考えています。そこで“薬を必要としない体に戻す”ことを目的に、薬に頼らないケアを提案する相談薬局を開局しました。
 
杉田 岡沼代表は、生活習慣などを改善して病気を防ごうとする、未病や予防医学の考えにたどり着いたわけですね。 
 
岡沼 ええ。そのために、当薬局ではカウンセリングを重視しているんです。がん予防や不妊治療、アトピーなどの肌のトラブル、更年期障害など、一人ひとりのお悩みを聞き、その方に適した漢方や食生活などを提案しています。医師にも相談しにくいお悩みや、病院や調剤薬局では対応してくれないようなご要望もお受けしているんですよ。
 
杉田 昔はこういう薬局が多かったんだと思います。本来あるべき薬局の姿という印象ですね。食育にも力を入れているとお聞きしました。
 
glay-s1top.jpg
岡沼 はい。味噌の持つ成分に着目し、「お味噌汁から健康に」をテーマにした情報をブログで発信しています。子どもたちと味噌をつくるイベントも開催しているんですよ。
 
杉田 私も自家製味噌をつくっているんですよ! 子どもたちと一緒につくるのは楽しいでしょうね。今後の目標についてもお聞かせください。
 
岡沼 当薬局を、病気になってからではなく、元気な時でもご相談に来てもらえるような場所にしたいですね。多くの方が病気を未然に防ぎ、薬を必要としない健康な体でいられるよう、精一杯サポートしていきたいと思います。
 
杉田 自宅の近くにも、こんなに気軽に相談できる薬局があったら良いなと思いました。地域の身近な相談役として、これからも頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分の行動をジャッジしないことですね。後悔しても、過ぎたことはどうしようもないので、「昨日は悪かった。今日は良かった」とか考えたり、自分と他人を比較したりせずに、心をフラットにして生きるのが大事だと思います。
(岡沼敏子)
 

:: 事業所情報 ::

トマト薬局

〒565-0851 大阪府吹田市千里山西5-47-12 千里山サンコーポI

ホームページ
http://www.tomatoyakkyoku.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事