B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

バイリンガルを活かした
語学サービスや教育支援

 

夢は子どもの才能を引き出す教育事業

 
glay-s1top.jpg
大路 福生市といえば、アメリカ軍の横田基地があることでよく知られていますよね。基地内で暮らしているアメリカ人の方やその子どもたちに、日本語を教える仕事もなさっているとお聞きしました。
 
西 ええ。週1回、大人をメインとした授業を基地内で行っており、基地の外にある弊社の教室では人数はまだ少ないものの、子どもたちの授業もしています。特に子どもたちのクラスの授業内容はまだ開発途上なので、アシスタントと一緒に工夫を重ねているところなんです。ですから、今後はより質を高めていきたいですね。
 
大路 なるほど。国籍に限らず、子どもたちに言葉を教えるのって大変ですか?
 
西 もちろん難しい面はあります。でも、それ以上に興味を引かれますね。というのも、子どもは興味を持ったものに対して、覚えるスピードがとても速いんですよ。私は、子どもって天才だと思うんです。
 
大路 わかります。時にとんでもない才能を発揮することがありますよね。
 
西 はい。環境さえ整えれば、子どもたちはバイリンガルどころじゃなく4~5ヶ国語ほどの言語を完全に習得することも十分に可能だと思いますね。実際にそういう子に会ったこともあります。どんな子どもでも、何か一つ天才的な部分はきっと見つかると思うんですよ。それは語学だけでなく、ほかの勉強でもそうです。今後はそのような、子どもたちの才能を引き出せるような活動もしていきたいですね。
 
大路 とても夢のあるお話だと思います。語学に限ってみれば、現在は日本の子どもたちも早くから外国語に触れる機会が増えていると思うので、西社長がおっしゃったような何ヶ国語も話せる子どもが育つ環境に、少しずつ近づいてきているのかもしれません。またそれ以外の分野でも、西社長にはこれまでにない教育の手本を見せてくれることに期待したいですね。
 
glay-s1top.jpg
西 ありがとうございます。自分では、社長というのは本来あまり表に出ないで経営に専念したほうが良いとは思うんです。でも、個人事業主の時代からいただいている仕事の延長でついつい何でも自分でやってしまうんですよね。そこで、近いうちにスタッフを増やし、翻訳や通訳、子どもたちへの教育などの業務を割り振って、充実した事業をさらに発展させていきたいと考えています。
 
大路 今後は、社会もより一層グローバル化が進んでいくと思います。その中で、西社長のお力を必要としている人や企業はたくさんあるでしょうし、将来を担う子どもたちの教育にもぜひ力を注いでいただけたらと思います。頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
生きるためだけに仕事をするのではなく、自分が“できること”や“したいこと”を目的に出合えた仕事をすると楽しくなれるのではないでしょうか。ですから、私は仕事との出合い方が大事だと思います。
(西岳人)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 C2Gi株式会社
■ 本社 〒197-0011 東京都福生市福生992-9 そねビル202
■ 事業内容 翻訳・通訳関連事業/語学研修・セミナー事業/バイリンガル関連事業/語学教育サポート事業
■ 設立 平成27年4月
■ ホームページ http://www.c2giweb.com
http://www.c2giic.org (C2Gi イマージョン センター)
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事