B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

日本全国どこへでも 高度な研磨技術を届ける
株式会社研照ステンレス 代表取締役 綾部匡洋

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 比企理恵(女優)
比企 株式会社研照ステンレスさんの綾部匡洋(あやべ まさひろ)社長にお話をうかがいます。御社ではステンレス製品の製造を行っておられるのですか?
 
綾部 いえ、弊社はステンレスをはじめ、鉄、アルミ、真鍮などの研磨を専門に手がけている会社です。簡単に言えば、金属を磨いてピカピカにしているんですよ。
 
比企 なるほど。具体的には、どのような製品、部品の研磨を行っておられるのでしょう。
 
綾部 わかりやすい例を挙げると、オートバイ部品やトラックなどの自動車部品です。ただ、専門は特殊分野のタンクや撹拌羽根等、さまざまですね。テーマパークのオブジェや、観光地の案内板も手がけたことがあります。稀な例ですと、銅製の仏具もありました。ご依頼があれば、鍋などの調理器具も研磨しますよ。
 
比企 調理器具まで! 家に錆びたヤカンがあるので、それを持ってくれば良かった(笑)。
 
綾部 関東地域を中心に出張研磨・現場研磨を行っています。ご依頼があれば、日本全国へ出張して、出張研磨・現場研磨も行っているんですよ。まずは、お気軽にご相談いただきたいですね。なお、調理器具の場合は割高になってしまうので、弊社までお持ちいただいたほうが良いですね。先に挙げた観光地の案内板は現場で研磨をしました。そのときは外国人観光客の方が、「何をやっているんだ」と興味津々で集まってきましたよ(笑)。
 
glay-s1top.jpg
比企 鏡のように美しく仕上げるためには高度な技術が必要なのでしょう?
 
綾部 はい。粗い目から少しずつ細かい目の工具を用いて、物によっては何段階もの磨き工程を経て仕上げます。技術が未熟だったり、丁寧さを欠いてしまったりするときれいに仕上がりません。
 
比企 結果が目に見えるお仕事ですから、完璧に仕上がったときは達成感もひとしおでしょうね。
 
綾部 おっしゃるとおりですね。この仕事は正解というものがないんです。磨き足りなければきれいに仕上がらず、逆に磨きすぎると形状が変わってしまうこともあります。