B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

英語脳創りのプロ
世界へ羽ばたけ栃木から

 

英語脳を培うメソッドを確立

 
glay-s1top.jpg
比企 そもそも原代表は、どういった歩みを経て英語教室を立ち上げられたのですか?
 
 初めて子どもたちに英語を教えたのは、大学卒業後、公立中学校の英語教員になったときです。当時は一般的な英語教師だったと思います(笑)。自分なりの教育理念を持つきっかけになったのは、夫の海外赴任に伴って渡英したことでした。
 
比企 英語の本場での暮らしを通じて、英語教育のメソッドを身につけられたと。
 
 ええ。イギリスに滞在した10年間に、オックスフォードカレッジで英語教授法を改めて学びました。そして何より、渡英当初は小学校4年生と2年生だった我が子たちの英語を話せるようになる成長スピードに、心を揺さぶられるほどに大きな刺激を受けたんです。我が子の成長とともに味わったあの体験で、英語脳ができるプロセスが手に取るようにわかりました。
 
比企 英語教員の原代表にとっても、お子さんの成長スピードは衝撃的だったんですね。
 
 なにせ、日本語オンリーだった子が、たった3ヶ月で英語を使って口喧嘩するほど「英語脳」になっていたんですから(笑)。日本で教壇に立ちながら、「どうすれば英語を身につけられるのかな?」と四苦八苦していた自分にとってはショックでした。そこで、子どもたちが通う学校に私もボランティアスタッフとして参加し、どんなふうに英語を学習しているのかを徹底的に観察しました。
 
比企 口喧嘩って、ある意味で最高レベルのコミュニケーションですよね。それをたった3ヶ月でできるようになるって、すごいことですよね。観察してわかった、日本の英語学習との違いは何だったのでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
 一言でいえば環境ですね。イギリスでの英語学習は、歌や絵本などを用いて習得していきます。もちろん、授業内の会話もすべて英語です。日本語を使いながら、「This is a pen.」と文法から暗記していく日本式に比べて、より「使うことを前提とした環境」で学ぶといえます。
 
比企 あ、その手法にはすごく納得します。中学や高校の授業で頭に詰め込んだ英単語や文法が、今でも使えるかと聞かれると、そうでもないですからね。
 
 比企さんと同世代の私にも覚えがあります(笑)。そうやって暗記するよりも、使用を前提とした中で学ぶことで、英語脳は培われるんです。
 
比企 中学教員と、海外での指導に触れられた経験の両方がある原代表がおっしゃると、とても説得力があります。