B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆サイクリストの聖地で 
 人気を集める複合施設

 
glay-s1top.jpg
元海運倉庫をコンバージョンした施設「ONOMICHI U2」
瀬戸内海に面し、坂の街や文学の街としても知られる広島県尾道市。風情ある街並みは観光スポットとしても人気が高く、特に、愛媛県今治市へとのびる本州四国連絡道路・通称「しまなみ海道」は、日本で初めての海峡を横断できる自転車道を有していることから、近年はサイクリストの聖地としても注目を集めています。
 
そんな尾道の新たなランドマークとして親しまれているのが、JR尾道駅から徒歩5分、海沿いにある複合施設「ONOMICHI U2(オノミチ ユーツー)」です。周囲の景観ともマッチするレトロな建物は、元海運倉庫を改装したもの。ゆったりとした館内には、カフェやレストラン、ライフスタイルショップ、さらにはホテルも擁しています。しかもこのホテル、なんと“自転車と共に泊まれるホテル”! こうしたことから「ONOMICHI U2」はサイクリストたちの瀬戸内ライドの拠点となっているのです。
 
徒歩やレンタカーで観光地をのんびりめぐるのもいいけれど、自転車で風景や風を感じるのはまた格別。この夏は、尾道を自転車と共に旅してみませんか?
 
 

◆自転車でチェックイン! 
 「HOTEL CYCLE」

 
glay-s1top.jpg
サイクリスト必見! 自転車と泊まれる「HOTEL CYCLE」
「ONOMICHI U2」内の“自転車と泊まれるホテル”、その名も「HOTEL CYCLE(ホテルサイクル)」。自転車を持ったままチェックインでき、サイクルハンガーの設置された客室に愛車を持ち込めるという、全国初の珍しい宿です。自宅から発送した自転車の受け取りや保管にも対応してくれるほか、パブリックスペースには、メンテナンスのためのスペースも用意され、自転車好きにはたまらないホテルと言えます。
 
客室は、内装に自然素材を使用。アメニティや家具には広島の伝統産業が活かされ、旅人に地域の魅力をたっぷりと感じさせてくれる趣向を凝らした設えに。もちろん、サイクリストでなくとも宿泊は可能。自転車の有無にかかわらず快適で居心地の良い空間となっています。
 
glay-s1top.jpg
自転車と泊まれる客室。シモンズ製ベッドでゆったり休息を
glay-s1top.jpg
自然素材を用いたモダンなインテリアに注目
 
glay-s1top.jpg
「GIANT STORE Onomichi」では自転車のレンタルも!
とはいえ、せっかく自然豊かな尾道に来たなら、サイクリングを楽しみたいもの。しかし、マイ自転車の用意は大変――そんなときは、レンタサイクルを利用してみては。ホテル宿泊者限定のアクティビティとして、クロスバイクとロードバイクのレンタルが用意されています。また、施設内の「GIANT STORE Onomichi(ジャイアントストア尾道)」でも自転車のメンテナンスやGIANT製のスポーツバイク、ウエアのレンタルを行っているので、初心者でも気軽にしまなみサイクリングに出かけられるのが嬉しい限りです。
 
 

◆瀬戸内の魅力を伝える 
 レストラン&ショップ

 
glay-s1top.jpg
本格ピザやグリル料理が楽しめる「The RESTAURANT」
glay-s1top.jpg
瀬戸内の旬を活かした料理でワインがすすみそう!
ホテルやサイクルショップ以外にも、「ONOMICHI U2」内にはさまざまな店舗が並んでいます。飲食店もバラエティ豊かにそろっており、モーニングからバータイムまでお任せ。
 
例えば「The RESTAURANT(ザレストラン)」は、瀬戸内の新鮮な食材を活かしたグリル料理が各国のカジュアルワインと共に楽しめます。季節によってはジビエ料理が登場し、まさに瀬戸内の旬を余すことなく味わえる一軒です。「Yard Café(ヤードカフェ)」では、オリジナルブレンドによるこだわりのコーヒー、瀬戸内の野菜や果物のフレッシュジュースで、ほっと一息。海に面したサイクルスルーも備えており、ボトルウォーターチャージやエナジーバーなど、サイクリング出発前の利用もおすすめです。このほか、天然酵母“ルヴァン種”を使用するベーカリー「Butti Bakery(ブッチベーカリー)」や、ペダル&サドルのついた「コグチェア」に座り尾道水道を臨むバー「KOG BAR(コグバー)」など、尾道・瀬戸内の恵みを感じられるラインナップとなっています。
 
glay-s1top.jpg
瀬戸内の日常を感じさせるアイテムがそろう「SHIMA SHOP」
また、ライフスタイルショップ「SHIMA SHOP(シマショップ)」では、やまなみ街道・しまなみ海道・山陽道が交わる“瀬戸内の十字路”である尾道らしく、瀬戸内のライフスタイルを発信。雑貨や観葉植物、本など、日常に寄り添うアイテムを旅の思い出として手に取ってみてはいかがでしょう。
 
自転車で街を走れば、いつもと違った風景が見えてくるはず。サイクルライフを楽しく彩る「ONOMICHI U2」を拠点に、今夏は瀬戸内・尾道で、アクティブな旅を楽しみませんか。
 
glay-s1top.jpg
 
 
ONOMICHI U2
〒722-0037 広島県尾道市西御所町5-11
TEL 0848-21-0550
http://www.onomichi-u2.com
 
photo-Tetsuya Ito / Courtesy of ONOMICHI U2
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事