B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

トラブルを未然に防ぐ 銀行出身の行政書士!
行政書士長谷部事務所 代表 長谷部惠春

 
プロフィール (はせべ しげはる)大阪府出身。大学を卒業後、三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入社。システムエンジニアとして、行内のシステム開発に長年携わった。定年を間近に控えた頃、定年退職後のセカンドキャリアとして法曹資格の取得を目指し、64歳で行政書士の試験に合格。神奈川県横浜市に行政書士長谷部事務所を開業した。現在は、金融機関での勤務経験を活かし、相続や不動産に関する案件を中心に業務を行っている。【ホームページ
 
 
 
神奈川県横浜市港南区に居を構える、行政書士長谷部事務所。行政書士とは「困ったことが起きないように助ける専門家である」と語る長谷部惠春代表は、国内はおろか世界でも有数のメガバンクで長年システム開発に携わってきた経歴の持ち主だ。前職で培った経験とノウハウを活かして、今後起こり得る問題をあらかじめ想定し、事前に問題が起きないように努めているという長谷部代表に、自身の仕事に対する思いを聞いた。
 
 
 

アットホームな雰囲気の行政書士事務所

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 本日は横浜市港南区にある、行政書士長谷部事務所さんにお邪魔しています。最初にかわいらしいワンちゃんがお出迎えしてくれて、なんだか和みますね~。とてもアットホームな雰囲気でびっくりしました!
 
長谷部 確かに士業というと、敷居が高そうなイメージが一般的に強いですよね。私はそのイメージを変え、お客様がより気軽にご相談していただける雰囲気をつくろうと心がけています。
 
矢部 長谷部代表ご自身も朗らかで優しそうな印象なので、お客さんも気兼ねなく相談できると思いますよ。ただ、行政書士さんのお仕事についてはあまり詳しくないので、ぜひ教えていただきたいです。
 
長谷部 簡潔に言えば、公的機関に提出するためのさまざまな書類をはじめ、遺言書や権利関係の証明書などの作成、提出、各種手続きをお客様の代理として行うのが仕事です。なかでも当事務所へのご相談内容としては、相続に関する案件が多いですね。
 
矢部 いわゆる遺産相続などの問題ですね。そこへ長谷部代表がどのように関わっていくのか、より詳しくお聞きしていきたいと思います!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事