B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

粉体プラント技術で 多様な産業を支える会社
ユーグロップ株式会社 代表取締役 宇野武志

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 今岡真訪(野球解説者)
今岡 本日は大阪市淀川区を拠点に、粉体装置プラントのエンジニアリング全般、化学・食品機械の設計、製作、設置などを手がけているユーグロップ株式会社さんにお邪魔しています。まずは、宇野社長に事業内容をわかりやすくお聞きしていきましょう。
 
宇野 弊社では、主に粉を細くしたり乾かしたりする粉体装置プラントのエンジニアリングを行い、粉体を輸送したり袋詰めしたりするための装置もつくっています。よく湾岸線を走っていると、すごい工場夜景が見られることがありますよね。ああいった工業団地の中には、いろんな粉を加工する装置を使用している工場も多数あるんです。そういった工場への粉体装置の設計から施工、各種機器の補修およびメンテナンスに至るまで、エンジニアリング全般をトータルサポートさせていただいています。
 
今岡 とてもイメージが湧きました。御社が手がけられた機械でつくられた粉体にはどのようなものがあるんでしょうか。
 
宇野 例えば、食品で言うとスパイスや砂糖などですね。他にも薬や化粧品、プラスチック、電池材料などの製造の際などにも使われていますし、まさに野球関連ですと、ピッチャーが使用するロジンバッグやバットの滑り止めの粉をつくる際にも使用されていますよ!
 
今岡 幅広くいろんな商品をつくる過程で活用されていて、知らないうちに私もお世話になっていたんですね(笑)。
 
glay-s1top.jpg
宇野 多様な粉体をつくる装置ですので、既存の装置では対応できないこともあります。そんなときにもお客様のご要望にお応えするため、ユーグロップ独自のオリジナル商品、装置を開発・製作し、提供してきました。製造された粉体の安全性はもちろん、作業上の安全性や合理化、省力化のニーズにお応えする製品づくりを行っています。
 
今岡 高い技術力があるからこそ、なせる業ですよね。お客さんとコミュニケーションをとって、要望を聞き取る能力や課題を発見する能力も必要そうだ。
 
宇野 弊社の社員には専門的知識を持ったスペシャリストがいまして、幅広い提案力を発揮してくれています。従業員さんみんながアイデアや意見を言いやすい環境づくりに気を付けており、現場の声からボトムアップでアイデアを製品につなげてきました。