B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

金融リテラシーを高め
豊かな人生をサポート

 

投資に触れる“最初の場所”に

 
glay-s1top.jpg
濱中 人は、自分がまだ知らないことに関しては難しく感じてしまうものです。その反面、きちんと学べば、身に付けた知識を根拠に何でも自信を持って取り組めるのではないでしょうか。そう考えると投資も勉強さえすれば、それほどハードルが高いものではないのでしょうね。
 
中村 濱中さんのおっしゃる通りです。大学で投資に関する講義を行うと、ほとんどの学生さんは「難しい」とおっしゃいます。でもそれは、これまで投資の情報に触れる機会がなかったからだと思うんですよ。投資をより身近に感じられれば、もっと簡単に考えられるはず。一人でも多くの方へ、投資に接するきっかけをつくれたらと考えています。
 
望月 実は弊社名も、そのきっかけを皆様に与える“最初の場所”という意味を込めているんですよ。金融リテラシーを身に付ける最初の場所であり、壁にぶつかっても安心して戻って来られる場所になりたい。そのような思いで、First Placeという社名を付けました。
 
濱中 自力で身に付けるのは難しい金融リテラシーをわかりやすく教えてくださるお二人の力で、今後投資に関心を抱く人が増えてくるかもしれませんね! それでは、詳しい事業内容をおうかがいしましょう。ファイナンシャルプランニング事業はお客さんの資産運用を実際にサポートする業務ですよね。どんなことを心がけていますか?
 
glay-s1top.jpg
望月未来代表
望月 まずはお客様の将来のビジョンを丁寧にお聞きすることに気を配っています。人生設計の中で「これは必ず成し遂げたい」「何歳までにはこうありたい」という願いがあれば、それを叶えるために必要な投資プランを無理のない範囲でご提案するよう、心がけていますよ。
 
中村 将来にお金を残すという意味では、確定拠出年金制度の導入もお客様にご提案しています。確定拠出年金とは、拠出された掛け金と運用収益の合計額から将来の給付額が決定する年金制度で、簡単に言えば“自分で年金をつくり出せる”制度なんですよ。運用商品は加入者ご自身が定期預金や投資信託などから選択できるため、ご加入に向けて確定拠出年金の仕組みのご案内や加入効果のシミュレーションをさせていただいております。