B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

設備工事と断熱シートで 快適な暮らしに貢献!
株式会社リアルビルド 代表取締役 牟田和弘

 
プロフィール 大阪府出身。阪神・淡路大震災を機に十代で大工となり、厳しい親方のもとで修業を積む。その後、大手ドラッグストアに転職してコミュニケーション力を培い、3年後には店長に抜擢される。退職後は設備工事の会社で衛生設備工事や電気工事の基礎を学び、現場監督や営業職も経験する。2016年に個人事業主として独立。エアコン工事を皮切りに事業を拡大し、2021年2月に株式会社リアルビルドを設立した。【ホームページ
 
 
 
卓越した技術とコミュニケーション能力を生かし、住宅設備工事で人々の暮らしを守る。それが兵庫県尼崎市の株式会社リアルビルドだ。代表取締役の牟田和弘氏は、大工やドラッグストアの店長など多彩な経歴の持ち主。設備工事の一方、形ある商品で社会に役立とうと画期的な極薄断熱シートの販売にも乗り出している。わずか3mmの厚さで熱を遮る断熱シートの使い道はさまざま。私たちの生活を大きく変える可能性を秘めていた。
 
 
 

大工からドラッグストアの店長へ意外な転身

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 兵庫県尼崎市を拠点に躍進中の、株式会社リアルビルドさんにお邪魔しています。御社では設備工事を幅広く手がけられていらっしゃるのだとか。
 
牟田 八木さんのおっしゃる通りです。弊社は給排水管の漏水調査・修理、空調設備・電気設備・衛生設備の工事、内装工事など、住まいの改修のことならなんでもお引き受けしています。建物の種類も問わず、マンション・戸建住宅など、どのような建物の調査・修繕もお問い合わせいただければと思います。
 
八木 設備工事は、会社ごとに業務がわかれていることが多いと聞きます。でも株式会社リアルビルドさんが総合的にご活躍できる理由を、ぜひ牟田社長のご経験から探りたいですね。
 
牟田 十代で最初に飛び込んだのが大工職人の世界でした。ちょうど阪神・淡路大震災の時に、知人から職人が足りないので手伝ってほしいと誘いを受けたのがきっかけでしたね。当時、右も左もわからなかった私は親方に「覚えるより慣れろ」「釘1本でも自分の家、親の家だと思って施工しろ」「絶対に手を抜くな」「自分が来たときより現場をきれいにして帰れ」など、職人とはどうあるべきか、人としてどうあるべきかを教わりました。私が成長できたのは親方のおかげだと、今も感謝しているんです。
 
八木 厳しい言葉の中にも愛情を感じます。非常に良いご縁に恵まれたのですね。そのほかの業種のお仕事もされたのでしょうか?
 
牟田 そうですね。もともと人と話すことが好きだったこともあり、これもご縁があって大手ドラッグストアに転職をしまして。仕事はとても楽しくて3年後には店長に抜擢されたんですよ。ドラッグストアでは、ブランド力がある商品は放っておいても売れていくものの、同等の内容なのになかなか売れない無名メーカーの商品もあります。その良さをお客様に伝えるプロモーションや、店舗マネジメントのノウハウを習得し、コミュニケーション能力も磨くことができましたね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事