B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

日本一の薬局を目指し 地域医療に貢献する!
株式会社バイアル 代表取締役 山西潤

 
プロフィール 大阪府出身。大学の薬学部を卒業後、薬剤師資格を取得。製薬会社で医薬情報担当者として従事したのち転職する。薬局を運営する会社(株)メディカル・サポート入社後、薬剤師業務と営業業務の経験を積む。2013年に(株)バイアルの取締役に就任。2020年11月から代表取締役を務める。現在は大阪市内で、バイアルで2店舗の薬局運営を手がけるほか、2つの株式会社の代表も兼任している。【ホームページ
 
 
 
大阪市内で薬局を運営する、株式会社バイアル。同社が運営する薬局は、2021年から新たに始まった機能別薬局の認定制度で「地域連携薬局」の認定を受けるなど、地域の患者に寄り添う薬局として進化を続けている。そんな同社の薬局にはコロナ禍でも客足が途絶えず、以前から手がけている在宅訪問サービスの利用者数も増加中。 “来てもらえる薬局、出向く薬剤師”を掲げる同社の山西潤代表取締役に、仕事にかける思いを語ってもらった。
 
 
 

同じ志のスタッフと誠心誠意のサービスを

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪市内でバイアル調剤薬局とデータ・ボックス薬局の2店舗を運営する株式会社バイアルさん。山西社長には2020年にもお話をうかがいましたね。
 
山西 タージンさんと再会でき、非常に光栄です。コロナ禍の影響で、日本の医療機関が大変な事態に陥っていますが、変わらず薬局運営を行っています。
 
タージン 以前と変わらぬ力強いお言葉を耳にし、一安心です。それでは、山西社長の仕事に対する思いをあらためてお聞かせください。
 
山西 薬剤師というと、処方箋通りに薬を出すだけというイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、私たちは患者様の不安に寄り添い、薬の提供と健康相談や指導を行っています。どんなお困り事にも誠心誠意お応えしながら薬を提供するよう、心がけていますよ。それができるのも、当薬局には、私と同じ志を持った薬剤師やスタッフがいてくれるからこそなので、本当にありがたい限りです。
 
タージン 激動のコロナ禍でも、山西社長とスタッフさんの絆は揺るがないようですね。
 
山西 ええ。私という経営者だけではなく、スタッフと共に薬局を運営しているという気持ちは今も変わっていません。人材育成にも、引き続き力を入れておりますよ。前回お話ししたように、今も大学の薬学部の学生を受け入れ、私たちの薬局に在籍する「認定実務実習指導薬剤師」の資格を持つ薬剤師を中心に、薬や病気、検査数値のことはもちろん、薬剤師の心構えや多職種の方との連携体験など、たくさんのことを学んでもらっています。学生に正しい知識を教えるためにも、私たちもあらためて日々学ぶことができています。