B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

悩める人を全力サポート 不動産の総合診療所
株式会社スターティングライン 代表取締役 白井利憲

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪市中央区を拠点に不動産業を営む株式会社スターティングラインさん。詳しい事業内容を教えてください。
 
白井 不動産売買仲介を中心に、テナントリーシングや空室対策なども手がけています。不動産をお持ちで、不動産に対して悩みを抱えておられる方は少なくありません。そのうえで、そうした方々をトータルでサポートできるのが弊社です。世間の不動産業において、特定の領域を得意とする会社が多く存在する中、弊社は総合的な知見から対応いたします。
 
狩野 それは頼もしいですね。幅広く対応されているところを見ると、白井社長は業界のご経験が豊富なのでしょうね。
 
白井 大手も含め3社に勤め、業界歴は約20年になります。特に、独立前に勤めていた会社では多くの業務に携わり、そのキャリアが今に生きていると感じますね。前職では、不動産を買い取った後、加工し、商品化して売却するという一連の流れをすべて担っていました。例えば、ビルやマンション1棟を買い取ってリノベーションし、投資家の方に売却することもあれば、買った土地にコンビニやドラッグストア、スーパーなどの店舗を誘致して、それに見合った建物を建て商品化するようなケースもあります。
 
狩野 そんな大がかりな業務を、すべてお一人で担当していたんですか?
 
glay-s1top.jpg
白井 一人で担当していたというと語弊がありますが、仕入れから売却まで担当者がすべてに携わるような会社だったので、建築や改修に関わる工事業者の外注など、本当にあらゆる業務を経験しました。大変な分、すごく楽しかったですし、責任感も養われました。ただ、自分が経験したことのない工程については先輩方に教えていただきながら進めたり、事務作業や調査等も同僚に手伝ってもらったりはしていました。自分一人ではやりきれない仕事もあったので、周りの方々には本当に感謝しています。若い頃は単に「売れてよかった」くらいの気持ちだったのが、前社での経験が今に生きていて、そのうえ、仕事に対する思いも深まりました。
 
狩野 仕事観を変える、大きな経験だったんですね。それが今の事業の基礎になっていると。ちなみに、独立のきっかけは何だったんでしょうか?
 
白井 「困っている人の役に立ちたい」という思いです。会社組織の中にいると、さまざまな制限もありますし、利益を追求することも求められますよね。それも大事な要素とはいえ、たとえ大きな利益にならなくても、目の前に困っている人がいたら少しでも役に立ちたいと思うんです。不動産を所有していても、運用に困っていて、実は経済的に苦しんでいる地主さんを多く見てきました。そういった方のお悩みが少しでも軽くなるようなお手伝いがしたいんです。