B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人材育成と情報発信で 業界をリードする!
株式会社MA 代表取締役 本原晃伸

 
プロフィール 京都府出身。子どもの頃から社会人になるまでサッカーに熱中する。21歳の時に、知人から紹介された製缶会社に就職。入社した当初から独立を見据え、溶接技術を身に付けた。2014年に京都府久御山町で独立し、京都府城陽市へ移転した後、2020年10月に法人化を果たす。業界の固定観念にとらわれず、材料の調達から加工までワンストップで任せられる頼もしいモノづくり企業として、事業を拡大し続けている。【ホームページ
 
 
 
工場の製造ラインの架台を製作するなど、製缶・板金溶接の分野で躍進するモノづくり企業。それが京都府城陽市の株式会社MA(エムエー)だ。代表取締役の本原晃伸氏は、広報専門の社員を雇用し情報発信に力を入れるなど、世間に製造業をアピールし業界全体に貢献することも忘れない。パートナー企業との強力な連携でますます多忙な日々を送る本原社長に、人材育成の方針や将来の展望をじっくりとうかがった。
 
 
 

材料の調達から製作まで一貫して手がける

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 本日は、京都府城陽市を拠点に、製缶・板金溶接・機械装置組み立てを手がける株式会社MAさんの工場にお邪魔しています。それにしても、想像以上の広さに驚きましたよ! 御社は材料の調達から加工までワンストップでお任せできる、とても頼もしいモノづくり企業とお聞きしています。具体的に、どのような物を製造することが多いのでしょう。
 
本原 弊社は、食品や半導体工場に設置される搬送機や運搬機の架台の製缶、鈑金溶接を行っています。
 
畑山 産業機械の製作になくてはならない業務を手がけていらっしゃるのですね。そんな御社が開業されたのはいつ頃だったのでしょう? 
 
本原 2014年に京都府久御山町で個人事業主として開業しました。当初は私一人だったものの、2020年の10月に法人化も果たし、現在はここ城陽市で14名の社員と共に汗を流しています。
 
畑山 順調に成長を遂げられているんですね! ぜひ独立までの歩みもお聞きしたいと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事