B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

斬新なリノベーションで 神戸市郊外に新たな息吹
株式会社ヒロック 代表取締役 稲岡弘起

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 神戸市垂水区で空き家再生リノベーションを中心とした建築・不動産業を展開する株式会社ヒロックさん。事業を立ち上げたばかりの稲岡社長にお話をうかがいます。特に力を入れているのが、神戸市郊外の空き家を活用した、地域活性化だそうですね。
 
稲岡 はい。私はもともとリノベーションを手がける会社に14年ほど勤めており、その経験を生かそうと独立しました。最近は、SDGsの目標の中でも「11、住み続けられるまちづくりを」、「12、つくる責任 つかう責任」と掲げられている通り、今ある資源を有効に活用する時代だと思います。
 
濱中 確かに、SDGsは現代の大きなトレンドとなっていますね。それにしてもリノベーション業界歴14年ともなると、かなりのベテランですよ。あらためて独立された経緯も教えてください。
 
稲岡 私は兵庫県小野市の出身なので、神戸市の近辺なども思い入れのあるエリアです。阪神・淡路大震災から四半世紀が経った今、神戸市の中心部は活気もあり、街としての元気も感じられます。一方で、郊外エリアは丘陵地で勾配もあるし、車が入りにくい狭い道もそのままになっていることもあります。また、空き家のまま放置されている家も多いんです。
 
濱中 それだと、人も住まなくなって過疎化してしまいますよね。
 
glay-s1top.jpg
稲岡 はい。しかし、神戸市郊外には、魅力的な地域資源がたくさんあります。そして今、コロナ禍であらためて郊外にスポットライトが当たっていまして。二拠点生活や郊外移住やコワーキングスペース、また、シェアハウスにして活用するなど、多方面でニーズがあることもわかりました。これまでの私の経験を強みに、「事業者良し! 地域良し! 公良し!」のリノベーション版三方良しを実現したいと、会社を興したんです。私は宅建士をはじめ、インテリアコーディネーターやファイナンシャルプランナー、DIYアドバイザーなど住まいやお金に関わる多くの資格も持っているので、それも生かしつつ、事業を広げていきたいですね。
 
濱中 先ほどいただいた名刺もとてもユニークで、ギターの弦をはじくピックにQRコードが記されたキーホルダーやピアスになっていて、斬新なアイデアに思わず笑顔になりました。これから既存の価値観にとらわれない、斬新な発想力のリノベーションで、神戸郊外の活性化のために走り続けてくれることを期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「肩書きや役職を気にするな」です。枠にとらわれず、やりたいことを自由にやることが、私にとっての仕事の楽しみ方ですね。
(稲岡弘起)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ヒロック

〒655-0048 兵庫県神戸市垂水区西舞子9-10-14

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事