B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

大工と野球の道 二刀流で地域に貢献!
井上工務店 代表 井上博史

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 西京区の井上工務店さんにお邪魔しています。さっそく、事業内容や腕利きの大工さんである井上代表のプロフィールを教えてください。
 
井上 私は祖父の代から続く大工の3代目で、子どもの頃から現場を手伝っていました。一度は会社員として勤めたものの、21歳で大工に転身しまして。住宅・マンション、さらにはお寺などさまざまな建物の工事で汗を流し、2021年現在、49歳になりました。今は住まいや店舗の新築・リフォームなど幅広い施工を手がけているところです。
 
タージン お寺の工事は高度な技術がないとできないと聞いています。井上代表の職人としての技術力の高さや仕事にかける情熱がわかりますよ。
 
井上 私はお客様の意見をお聞きすることが大好きなんですよ。昔の大工は人の話を聞かない頑固者ばかりでしたね(笑)。しかし、完成した家に住むのは私ではなくお客様ですから、ご要望をしっかり汲み取り、形にすることが自分の役割だと肝に銘じているんです。また、協力会社との豊富なつながりで外壁塗装など各種工事に対応できるのも強みでして。地域に根付いた事業を行っているので、アフターフォローも万全です。
 
タージン 井上代表にお願いすれば、住まいや店舗の工事ならなんでもお任せできる。これは本当に安心できますよ。ところで今日、お邪魔しているご自宅兼事務所にある野球の練習場はずいぶん本格的ですね。とても気になります。
 
井上 ありがとうございます。私は小学2年から「桂友クラブ」という少年野球チームに入り、高校まで野球に打ち込みました。そして、2015年から桂友クラブの代表を務めていて、コーチの方と一緒にチームを運営しています。自宅にはピッチングマシンや、プロと同じホームベースまで18.44mのマウンドも整備しているんです。野球チームの運営も私の生きがいになっています。
 
glay-s1top.jpg
タージン これほど見事な設備を個人で所有するとは驚きました。仕事と野球の両方で活躍する井上代表はまさにリアル二刀流ですよ! ぜひ今後の目標をお聞かせください。
 
井上 大工としては、いつまでも丁寧な仕事にこだわり現役を続けたいですね。野球では桂友クラブ出身者からプロ野球選手を輩出することが私の夢です。現在、非常に有望な選手がいるので数年後を楽しみにしていただきたいですね!
 
タージン 工務店と野球、二つの道で地域に貢献する井上代表を私も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事はしなくてはいけないのだから、どうせなら楽しいほうが絶対に良いですよね。一緒に働く仲間とコミュニケーションを取り、相手の良いところを見つけることで仕事を楽しめますよ。
(井上博史)
 

:: 事業所情報 ::

井上工務店

〒615-8193 京都府京都市西京区川島玉頭町4

ホームページ
https://inouekoumuten.business.site