B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

笑顔と喜びを提供する
薬局のテーマパーク

 

笑顔溢れる明るい薬局に

 
glay-s1top.jpg
濱中 薬剤師として斬新な取り組みをされている三田代表。これからの目標が非常に気になります。
 
三田 やはり「目指せ、認知症ゼロプロジェクト」を一層進めていきたいですね。実は来年2022年には、認知症に関する書籍を出版する予定なんですよ。入浴方法や日頃の呼吸法といった日常生活で簡単にできる予防対策や、前向きな思考法を身に付けるために、眠る前に行う「ポジティブ発想」というトレーニング法などについて取り上げるつもりです。
 
濱中 なるほど。書籍を通じて世間に認知症対策について周知できれば、それこそ患者数“ゼロ”を目指す第一歩になりそうですね。他に力を入れていきたいことがあれば、教えてください。
 
三田 長年培ってきた経験や、医療や健康に関する知識やノウハウを活かし、講演活動を行っているので、そちらも引き続き頑張っていきたいですね。おかげさまで、これまでに保健センターなどからご依頼があり、講演をするたびにあたたかい感想をいただいております。最近は、やはりコロナ禍で講演の機会は少なくなっているものの、状況が良くなったら私の話でたくさんの方に笑っていただきたいですね(笑)。
 
濱中 三田代表が心から楽しみながらお仕事をされている様子が伝わってきます。
 
glay-s1top.jpg
三田 そう言っていただけて嬉しいです。前職では確かに数多くの業績を残した自負がありますし、収入も現在の10倍はありました。それでも私は、今のほうが充実した毎日を過ごせていると思っています。
 
濱中 三田代表は話がお上手なのはもちろん、とてもエネルギッシュで一緒にいると自然と明るい気持ちになれますよ。薬局というと、やはり病気を抱えていたり、健康に不安を持っていたりする方が訪れますから、どうしてもネガティブなイメージになってしまいがちだと思います。それでも、前向きなパワー溢れる三田代表が営むこちらの薬局は、いつも笑顔が溢れているんだろうなあ。これからもぜひ多くの人へ笑いをもたらしてあげてくださいね。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
何といっても、私と出会った皆さんに笑顔になっていただくことですね。
(三田雅一)
 
 :: 店舗概要 :: 
  ■ 店舗名 薬局サンダ
■ 本店 〒656-0478 兵庫県南あわじ市市福永420-3
■ 五色店 〒656-1313 兵庫県洲本市五色町鮎原西143-2
■ 事業内容 薬局の運営
■ 設立 平成元年8月
■ 従業員数 4名
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事