B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

新世代総合スポーツ教室
多様な競技経験を可能に

 

魚由来コラーゲンを原料として国内外に販売

 
glay-s1top.jpg
駒田 まず、サプリメントの原料販売事業について詳しく教えてくださいますか。
 
髙田(圭) 弊社では、独自の技術で抽出加工をした淡水魚のうろこ100%のフィッシュコラーゲンをメインに扱っています。うろこからパウダーや液体に加工した原料を、国内外のメーカー様に卸しております。
 
駒田 へぇ! コラーゲンと聞くと、あまり魚のイメージを持っていなかったので驚きました。
 
髙田(圭) 駒田さんがおっしゃるように、豚足などの動物性コラーゲンのほうがピンとくる方も多いかもしれませんね。しかし魚由来のコラーゲンは体への吸収力や安全性に優れていることからエンドユーザー様からの評判がよく、仕入れ注文のリピートにつながっています。製造は、タイのHALAL・HACCP・GMP認証工場で行っているので、労働コストを抑えることや安定的な原料調達が可能です。さらに、暖かい地域で育った魚のうろこのほうが、コラーゲンを構成するアミノ酸が豊富な傾向があり、絶好の製造地でもあるんですよ。
 
駒田 やはりお父様を手伝うところからこの業界に携わっておられただけあって、お二人の目の付け所はさすがですよ! それでは続いて、注目の総合スポーツスクールについてもうかがいたいと思います。頭に“総合”と付くということは、いろいろな種目に対応していると?
 
glay-s1top.jpg
髙田有人取締役
髙田(有) はい。小・中学生のお子さんを対象に、スクールではサッカーのほか、陸上競技、ハンドボール、また不定期ですがバスケットボールのスクールを運営しております。さらに、ドイツ生まれのボール運動プログラム「バルシューレ」を取り入れている教室もありますよ。現段階ではすべての会場で複数のスポーツが行える訳ではないものの、ハンドボールと陸上、陸上とバルシューレなど、運営している地域の会場によって複数のスポーツを行える環境が整いつつあります。
 
髙田(圭) というのも、当スクールでは一つの競技を専門的に追求する前に、まずは子どもの頃からマルチにスポーツを経験してもらうことを大事にしています。そうすることによって、ベースとなる運動能力や身体操作性が鍛えられていき、世界に通用するアスリートを生み出していけると考えているんですよ。ですからサッカーだけでなく、さまざまなスポーツの間を移動しながら身体能力を伸ばし、成長していける点も当スクールの大きな特徴なんです。
 
髙田(有) また、最近ではサッカースクールがすごく増えているのに対し、例えばハンドボールができる場所が一つもない地域もあります。そうしたマイナースポーツの普及を後押しするのも我々が掲げたテーマでして。当スクールでは全ての会場で複数のスポーツを行える室内型のフットサルコートで開催していますので、ハンドボールはもちろん陸上競技を行うことが可能です。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事