B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

主体性を育む居場所で
子どもの発達をサポート

 

就労支援やショートステイで地域に貢献

 
glay-s1top.jpg
八木 創業から5年目を迎えた愛児園さん。今後の目標についてもお聞かせください。
 
谷口(安) 今は高校3年生までの子が対象ですが、卒業後に居場所をなくしてしまう子たちのことを危惧しています。ですから今後は、放課後等デイサービスだけでなく、就労支援やショートステイとして受け入れられるような体制づくりも視野に入れようと考えているところなんです。
 
谷口(将) 一棟のビルの中など、小さな場所でもいいので、放課後等デイサービスから就労支援まで、すべて完結できるような地域に根付いた支援をしていきたいです。実際にショートステイのニーズはあるんですよ。
 
八木 具体的には、どのような支援をされるイメージなんでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
谷口(将) 就労に向けてソーシャルスキルを身に付けたり、親御さんが疲れてしまったときなどにお子様を一時的にお泊りできる体制づくりですね。何らかの理由で子どもの面倒を見られなくなった親の多くは養護施設を利用しますが、これは子どもにとって不本意なことなんです。そこをショートステイによって、あくまでも一時的に親子が離れることで、冷静になったり親子関係を緩和したりできるのではないかと思っています。
 
八木 親子が気持ちを新たにして一緒に暮らせるようになれば、何よりですよね。
 
谷口(安) そのためにもまずはスタッフを増やさないといけません。この業界は転職する人が多いので、やっと仕事を覚えた頃に辞められてしまう場合もあるのが、辛いところです。
 
八木 これからは、どんな方に来てもらいたいですか?
 
谷口(安) 当園では、主体性を持って行動し、自分を持つことの大切さを子どもたちに伝えているので、まず、主体的に動ける人ですね。そして子どもたちに本気で向き合える人に来てもらいたいです。自分で言うのも何ですが、ここは上下関係がなく家庭的な雰囲気をモットーにしているので、働きやすいと思いますよ(笑)。
 
八木 きれい事だけでは済まされない、相当な根気がないと務まらないお仕事だとも思います。本日のお話を聞いて、あらためて頭が下がる思いですよ。これからも、子どもたちがより良い人生を送れるよう力になってあげてください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
子どもたちとは同じ目線で接して、親御さんにはとにかく共感することを大切にしています。子どもたちの成長が実感できたときに楽しくなりますし、親御さんから喜んでいただいたときには本当にやっていてよかったなぁと心から思えますよ。
(谷口将崇)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 愛児園・ことばラボ/合同会社太陽
■ 所在地 〒537-0023 大阪市東成区玉津2-10-22-2F
■ 事業内容 児童発達支援・放課後等デイサービス運営
■ 設立 平成28年12月
■ 従業員数 10名
■ ホームページ https://aijien.link
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事