B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

骨取りや切り身加工で 新しい魚の食べ方を提案
株式会社MUSASI 代表取締役 石渡秀治

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 神奈川県横浜市で、加工凍魚製品の加工や販売、輸入を手がける株式会社MUSASI(ムサシ)さんにお邪魔しています。私は料理が好きで、仕事でも魚を調理する機会がたくさんあるんですよ。ですから、本日は魚のプロともいえる石渡社長とお話しできるのを楽しみにしておりました。石渡社長は魚に携わる仕事を始めて、もう長いのですか?
 
石渡 ええ。魚一筋、30年以上です。
 
石黒 30年以上! それはすごい! 魚に関係する仕事に就いたきっかけは何だったのでしょう?
 
石渡 釣り好きが高じて、四六時中、魚に触れていたいと思うようになったからでしょうか(笑)。大学を卒業後、最初に就職したのは、旧築地市場で水産物の荷受けを手がける会社です。その会社の冷凍部冷凍課で12年ほど、アラスカから輸入される銀ダラやカレイの販売に従事した後、商社系の水産物加工会社に転職しました。そちらでは18年間、アラスカ産の商材を担当しておりまして。実際、仕入れのためにアラスカへ出張に行きましたよ。現地で釣りをしたことは、良い思い出です。
 
石黒 旧築地市場で働いていた経験もあるとは、さすがですね! 転職先の水産加工会社は商社系ということで安定していそうな印象です。そちらを離れ、独立を決意した背景が気になります。
 
glay-s1top.jpg
石渡 私は長男で、同居している母の介護の問題もあり、転勤等が困難な状況になったため、自由な営業活動をするべく、ここ横浜を拠点に自分個人で動いたほうがいいのではないかと考えたんです。やがて商品を供給していただくパートナーのめどが立ったので、起業を決めたんですよ。
 
石黒 なるほど、そうだったんですね。ところで、私は北海道育ちということで魚介類がもともと身近な存在でして、子どもたちにも魚をたくさん食べさせてきました。ただ、近頃のファミリー世代にとっては、魚は骨を取るのが面倒だし皮は気持ち悪いし、生臭さもあるということで、扱いにくいイメージがあるようですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事