B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

一生モノを提供する
妥協なき建設会社!

 

伝統と最新技術を融合させ新たな形を目指す

 
glay-s1top.jpg
タージン それでは最後に将来の目標を教えてください。
 
桶谷 私が意識しているのは上手な世代交代です。弊社は45歳の私より10歳上の職人と、さらにその上の世代のベテラン職人、そして私より10歳下の専務や、さらにその下で大工になった私の息子がいるバランスの取れた社員構成になっています。これをうまくつないでいき、次の世代が弊社をさらに発展させてくれたら嬉しいですね。
 
タージン その役目は桶谷社長の息子さんに託されるのでしょうか。
 
桶谷 いいえ。私はすでに2代目を決めていますが息子ではありません。私の心にいる2代目候補が息子を経営者に推すならかまいません。ただ、私自身は息子だから会社を継がせようとは考えていないんです。経営者とは、共に働くみんなのために会社を盛り上げられる人材が就任すべきだと考えています。
 
タージン 社員全員の幸せを優先する桶谷社長のお考えは本当に素晴らしいですね。私も感銘を受けました。ところで、こちらの事務所にある巨大なカンナと法被が先ほどから気になっているのですが。
 
glay-s1top.jpg
桶谷 これは、兵庫県三木市でカンナや小刀を製作する伝統工芸士の2代目千代鶴貞秀先生が、引退直前に私のためにつくってくださった最後の大カンナなんですよ。もちろん現場で使うことはできないものの、値段が付けられないほど貴重なカンナです。弊社の社名を入れた法被は、まだ会社の名前を誰も知らない頃に「何か変わったことでアピールしよう」と、昔ながらの上棟式を復活させたときにつくったものなんです。
 
タージン 施主さんにしてみれば、上棟式は家を建てた実感が湧く嬉しいものですよ。
 
桶谷 ただ、私たちは古い伝統にしがみついているわけではありません。災害時の屋根の点検ではドローンを飛ばしてすばやくチェックするなど、伝統と最新技術の融合で新しい形の建設会社を目指しているんです!
 
タージン 叩き上げの技術と新時代の発想を柔軟に取り入れる桶谷社長。その姿勢が切り開く未来が私もますます楽しみになりました。今後のさらなる飛躍を応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
常にもっと上を目指そうと意識することです。仕事を始めたての頃はつらくとも、自身の成長が実感できるようになると自然と楽しんでいると思いますよ。
(桶谷卓司)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社大卓建設
■ 本社 〒598-0044 大阪府泉佐野市笠松2-2817-1
■ 事業内容 土木工事業/建築工事業/とび・大工工事業/屋根工事業/タイル・れんが・ブロック工事業/構造建築工事業/鉄筋工事業/内装仕上工事業/解体工事業
■ ホームページ http://daitaku-kensetsu.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事